パガーニ、最新モデル『ウアイラR』を発表。世界限定30台のレーストラック専用スーパーカー

 イタリアの自動車メーカーであるパガーニ・アウトモビリは3月19日、同社の最新モデルかつレーストラック専用に開発された究極のスーパーカー『Huayra R(ウアイラR)』を発表した。

 このパガーニ・ウアイラRは、将来のパガーニモデルとなるべく開発されている技術を取り入れた実験的なモデルとなっており、レーストラック専用に開発された究極のスーパーカーだ。

 このマシンにはパガーニが誇る最高の性能、技術、芸術などが結集しており、エンジンは新型となるパガーニ製の6リッター自然吸気V12エンジンを搭載。その最高出力は実に850HPを誇り、最大トルクは750Nmを発揮、レッドゾーンの9000rpmまで最高の走行性能が提供される。

 また、最新技術を駆使して作られたという車体は、1050kgという軽さまで軽量化が施されているだけではなく、最高水準の安全性能も実現しているという。

“サーキットの芸術品”として特別に仕立てられたウアイラRの発表に対し、パガーニの創業者兼チーフデザイナー、オラチオ・パガーニは以下のように語っている。

「2008年より私たちはウアイラの開発に取り組んでいたが、エンジニアリングとスタイルの観点から非常に難しく、厳しいプロジェクトになっていた」

「長い開発期間を経て、自由に表現したいという思いを強く持ち続けた結果生まれたのがゾンダRだ。ゾンダRは制約や規則から解き放たれたロードトラック用モデルであり、美しさ、高いパフォーマンス、安全性のすべてを備えていた」

「今回のウアイラRも、ゾンダRと同様、パガーニ史上最も自由でエクストリームかつ高いパフォーマンス性を実現したモデルになっている」

 パガーニの技術力と開発力を完全に体現した最新のウアイラR。本車両は世界で30台が限定生産され、その価格は260万ユーロ、日本円にしておよそ3億3800万円(税別)となっている。

パガーニ・ウアイラR/フロント
パガーニ・ウアイラR/フロント
パガーニ・ウアイラR/サイド
パガーニ・ウアイラR/サイド
パガーニ・ウアイラR/トップ
パガーニ・ウアイラR/トップ
パガーニ・ウアイラR/リヤ
パガーニ・ウアイラR/リヤ
パガーニ・ウアイラR/リヤ
パガーニ・ウアイラR/リヤ
パガーニ・ウアイラR/フロント
パガーニ・ウアイラR/フロント
パガーニ・ウアイラR/左フロント
パガーニ・ウアイラR/左フロント
パガーニ・ウアイラR/サイド
パガーニ・ウアイラR/サイド