「ロータスエキシージはメチャクチャ速いんです!」ライトチューンで筑波58秒台入りを果たした快速スペック

「ロータスエキシージはメチャクチャ速いんです!」ライトチューンで筑波58秒台入りを果たした快速スペック

軽量ボディに280馬力のパッケージ!

足回りと空力の煮詰めで筑波58秒入りを達成

国産チューンドが幅を利かせる筑波サーキットアタックだが、最近では欧州スポーツモデルのエントリーも増えてきている。今回紹介するロータスエキシージもそのうちの一台だ。

ベースモデルは、エキシージの中でもサーキット走行を念頭において開発された“カップ260”。トヨタの1.8L直4ユニットである2ZZにスーパーチャージャーを組み合わせ、車名の通り260psを発生させる仕様だ。

このマシンは、BSK製のワンオフマフラーを投入した上でモーテックM130でのマネージメントを敢行。これにより280psまで出力を高めている。「純正の制御関係が電気系のトラブルで壊れてしまって…。モーテックにすれば拡張性もあるしログデータも取れる。そんな理由から導入しました」とオーナー。

足元には、アウタープラスから発売されている”ヘセルホイール”をセット。ロータスエキシージ専用設計で、鍛栄舎が製造を行なっている超軽量モデルだ。組み合わされるタイヤはフロントが245/45-16、リヤが255/40-17のアドバンA050。

サスペンションもアウタープラス製で、イケヤフォーミュラ製ダンパーをベースにしたスペシャル品。ブレーキは純正でAPレーシングキャリパーが投入されているため、ローターのみRdd製に変更してストッピングパワーを強化している。

純正でも910kgという軽量さを誇るモデルだけに、インテリアにエアコンやオーディオといった装備はそもそも存在しない。このマシンはさらにカーペット類の撤去や助手席の撤去によって、さらなる軽量化を進めている。

カウルは前後ともにシマヤの軽量品に交換。さらにアウタープラスのGTウイングやDifflow製リヤディフューザーなど、ライトな仕様の機関系とは異なりエアロパーツはサーキットスペックらしい内容だ。

これまでのベストタイムは59秒5。今回はタイヤをアドバンA050のMコンパウンドからGSコンパウンドに変更し、見事に58秒846をマーク。オーナー曰く、アタック当日は気温が高く、コンディションさえ揃えばさらなるタイムアップも狙えるとのこと。クルマ本来の素性を伸ばしたライトチューンでどこまでのタイムを伸ばすのか、その動向には注目だ。