新型コロナウイルスも99.995%以上除去! ジャガー・ランドローバーが新たなキャビン空気浄化技術を開発

新型コロナウイルスも99.995%以上除去! ジャガー・ランドローバーが新たなキャビン空気浄化技術を開発

パナソニックのナノイーX技術を採用

ジャガー・ランドローバーは、新たに開発された自動車用キャビン空気浄化技術が、実験室でのテストにおいて空気中に漂うウイルスやバクテリアの97%を抑制したと発表した。

今回テストされた「ヒーティング・ベンチレーション・アンド・エアコンディショニング(HVAC)」プロタイプシステムは、パナソニックが開発した「ナノイーX(nanoe X)」技術を採用。有害なバクテリアやウイルスを抑制し、ジャガーとランドローバーの将来のモデルに搭載が予定されている。

ジャガー・ランドローバーは、微生物学・ウイルス学研究のトップ企業である「パーフェクタス・バイオムド(Perfectus Biomed)」と提携し、30分サイクルで再循環する車両換気システムを設計。実験室を舞台に世界最先端の密閉型試験を実施した。この結果、空間中に存在するウイルスやバクテリアを、97%も抑制することに成功している。

さらにウイルス検査と免疫プロファイリングを専門とする世界的な研究機関「テクセル(Texcell)」によって、新型コロナウイルス(COVID-19)に対するテストも実施。テクセルは、新型コロナウイルスに対する様々な試験を許可された、世界的な研究機関のひとつ。彼らからのレポートによると、パナソニックのナノイーX技術により、2時間の実験において99.995%以上のウイルスが除去された。

ジャガー・ランドローバーが新たなキャビン空気浄化技術を開発

将来的にジャガーやランドローバーに搭載を計画

ジャガー・ランドローバーのチーフメディカル・オフィサーを務めるスティーブ・アイリー博士は、今回の実験について次のようにコメントした。

「私たちは、お客様の健康を第一に考えています。そして、私たちはこれまで以上に大切な人の健康を守るテクノロジーを求めています。今回の空気浄化技術に関する独立期間による試験は、当社のエンジニアが開発した機器を使って行われています」

「人体に有害な病原体がキャビンで最小限に抑えられていることを、お客様に保証するための取り組みのひとつです。このクリーンな室内環境は、お客様に新たな基準をもたらすものになるでしょう」

今回の先進的な研究をベースに、ジャガー・ランドローバーは将来的に高度なキャビン空気浄化技術の搭載を計画している。現在、ジャガーとランドローバーはラインナップに、ナノイーテクノロジーを搭載したエアコンディショナーや純正のPM2.5キャビンフィルターを搭載している。