「600馬力のY32シーマは過激すぎる!」フルチューンRB26サウンドを響かせるネオVIP仕様

「600馬力のY32シーマは過激すぎる!」フルチューンRB26サウンドを響かせるネオVIP仕様

エンジンはヘッド加工まで行なったフルチューン仕様!

並みのチューニングカーでは太刀打ちできない快速Y32

元々ドレスアップ系のジャンルが好みで、いわゆるVIP仕様のマシンを乗り継いできたというオーナー。「Y32シーマはこの個体で2台目なんです。せっかくならMT載せ換えで遊ぼうと思ったんですが、それだけだと遊び心が無いなと…」。そこでオーナーが訪ねたのが、群馬県のドリフト系ショップ“Nスタイルカスタム”だった。

そして実行されたのはRB26DETTの換装。それも単なる載せ換えではなく、トラストのキットを用いた2.8L化やナプレックによるヘッド加工など、エンジン本体はフルチューンと呼ぶに相応しいスペック。タービンはKKK製のビッグシングルK27を組み合わせて、最大ブースト圧1.2キロで約600psを発生させる。その他、ヘッドカバーやエンジンルームは同色のピンク系カラーで塗装を施すなど美しさも徹底追及、ドレスアップカーとしても通用する仕上がりだ。

マフラーはチューニングカーらしさを感じる砲弾型。トラストのBNR34用を加工して取り付けているそうだ。

エアロパーツは“セッション”製で統一。VIP系の世界では知られたメーカーのフロントバンパーから覗く大型のインタークーラーが特異なオーラを放つ。

フェンダーは前後ともNスタイルが得意とする鉄板溶接にてワイド化を敢行。ホイールはワークのVS-XXの18インチで、フロントが10Jマイナス17、リヤが12Jマイナス29という超ディープリム設定だ。

ブレーキキャリパーもセッション製。車高調はT-DEMAND製で、かなりの低車高ではあるがフロント14kg/mm、リヤ12kg/mmと比較的柔らかめのスプリングを用いたセットアップが行われている。

室内は年式を全く感じさせない美しいコンディション。ロールケージはY31シーマ用をベースに加工したワンオフスペシャルで、シートはレカロのSR-4を2脚導入するなどチューニングカーらしい雰囲気をを演出。ミッションはRB25用の5速MTが装着されている。

ボディカラーはNスタイルオリジナルで調合されたシルバー。パッと見はVIP系、しかし随所から走りの息吹を感じさせるこのシーマは、オーナーが望んだ通りの遊び心あふれるリアルチューンドへと仕立てられているのだ。

PHOTO:土屋勇人(Hayato TSUCHIYA)

●取材イベント:HARDCORE TRACK MEETING

●取材協力:N-STYLE CUSTOM 群馬県邑楽郡板倉町大荷場443 TEL:0276-78-2305