DAZN、2021年のF1も全戦ライブ配信。角田裕毅の独占コンテンツのほか年間視聴パスも発売

 3月17日、スポーツチャンネルの『DAZN』は、3月26日からバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕を迎える2021年のF1世界選手権を、全23戦ライブ配信すると発表した。

 またDAZNでは、2021年のF1を盛り上げるオリジナルコンテンツとして、先日、DAZNアンバサダーの就任が発表された日本人ドライバーの角田裕毅や、角田が所属するスクーデリア・アルファタウリ・ホンダ、フランツ・トスト代表らの独占インタビューなども多数配信することを明らかにしている。

 2021年のF1は過去最多となる全23戦の開催が予定されており、特に日本では、実に7年ぶりにフル参戦を果たす角田のデビューイヤーに大きな期待が寄せられているほか、レッドブルとアルファタウリにパワーユニットを供給している日本の自動車メーカー、ホンダのF1活動が終了することもあり、シーズン開幕前から注目が集まっている。

 そのほかにも、2年ぶりにF1復帰を果たすフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)や、現王者であるルイス・ハミルトン(メルセデス)が、前人未到のF1通算100勝と、歴代単独1位となる8度目のドライバーズチャンピオンを獲得するかなど、見どころ満載のシーズンとなりそうだ。

 そんな2021年シーズンのF1を今年もDAZNは全戦ライブ配信を行う。またDAZNでは、シーズンには欠かせない存在となった『F1 ZONE』『F1 LAB』の加え、今シーズンからは角田をはじめ、アルファタウリ・ホンダチーム関係者への独占インタビューなどのオリジナルコンテンツも配信を行うとのことだ。

 新たなオリジナルコンテンツとして『WEDNESDAY F1 TIME』という番組も新設された。この番組はF1ファンはもちろんのこと、“F1に興味はあるけどどこに注目すればいいかわからない”という方にも見所や結果などを詳しく伝えるというトーク番組だ。番組タイトルのWEDNESDAYどおり、レース前の水曜日にはコースの紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビューが行われ、レース後の水曜日には角田が振り返るレースプレイバックが展開される。

 番組のMCは、モータースポーツファンおなじみのサッシャさんとレーシングドライバーの中野信治が努め、番組には毎回ゲストが呼ばれるとのことだ。3月24日の初回には、俳優の田辺誠一さんをお迎えして、F1の楽しみ方から注目チーム&ドライバーの話をたっぷりとお送りするという。

 そして、DAZNとオフィシャルパートナーシップを締結したアルファタウリ・ホンダのドライバーでDAZNアンバサダーの角田と、今季のマシンが描かれた特別デザインのDAZN年間視聴パスも登場している。

 この年間視聴パスは3月17日よりECサイト『EURO SPORTS』で発売開始となっており、税込み19250円という価格になっている。パスにはEURO SPORTSで使用できる1000円クーポンのほか、豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンの2大特典が付与されるとのことだ。こちらの詳細についてはEURO SPORTSの公式ホームページ(https://www.euro-sports.jp/f1/item.html?product_id=10319)をチェックしてほしい。

■DAZN F1 2021年シーズンの配信概要

2021年シーズンのF1全23戦の全セッション(フリー走行、予選、決勝)をライブ配信。
見逃し配信期間:7日間(ハイライト7日間)
<バーレーングランプリの配信スケジュール>
フリー走行1:3月26日(金)20:25~21:45
フリー走行2:3月26日(金)23:55~25:15
フリー走行3:3月27日(土)20:55~22:15
予選:3月27日(土)23:55〜25:30
決勝:3月28日(日)23:20〜26:30
※日時はすべて日本時間になります。

『WEDNESDAY F1 TIME』3月24日初回放送の様子
『WEDNESDAY F1 TIME』3月24日初回放送の様子
アルファタウリ・ホンダと角田裕毅が描かれたDAZN年間視聴パス
アルファタウリ・ホンダと角田裕毅が描かれたDAZN年間視聴パス