ニッサン、女優伊藤かずえさんの愛車『初代シーマ』のレストアを実施へ

 日産自動車は、女優業などで活躍する伊藤かずえさんが30年以上にわたって乗り続けてきた愛車『初代ニッサン・シーマ』のレストア実施が決定したと発表した。これに合わせて同社はニッサン公式Twitter(https://twitter.com/NissanJP)などのSNSで、レストアの状況を発信していくという。

 このプロジェクトがスタートするきっかけとなったのは2020年10月、伊藤さんが愛車シーマの1年点検の際に行ったSNSへの投稿だ。

 さまざまなドラマや映画、情報・バラエティ番組に出演してきた伊藤さんが、30年以上にわたって初代シーマを愛車として大切にしてきたことがSNSやメディアで話題を呼び、この投稿などを見たユーザーから「やっちゃえ、日産!」「日産はレストアを検討して!」といったコメントが多数寄せられたという。

 ニッサン社内でも「何かできないのか」との声が上がり、やがて有志によるチームが立ち上げられることに。最終的に“ニッサンから感謝の想い”をレストアというかたちで応える取り組みがスタートした。

「伊藤さんが30年以上にわたり『シーマ』を大切に乗り続けていただいていることに感謝するとともに、大変うれしく思います」と語るのは、チームリーダーを務める日本事業広報渉外部部長の遠藤和志氏。

「シーマは日本における自動車の歴史において、一石を投じたクルマのひとつであると自負しております」

「30年以上お乗りいただいた車両を、伊藤さんが期待する“新車時と同じ状態”に戻すレストアは非常に難しい作業となりますが、“技術の日産”に恥じぬよう、総力をあげて、伊藤さんにご満足いただける仕上がりにしたいと思います。是非、皆さまもご期待下さい」

 30年以上、FPY31型シーマに乗り続けてきた伊藤さんは、「この度、このようなお話をいただき感謝しています」とコメント。

「父と塗りなおした塗装や、へたってしまったシートなど思い出が詰まっているけれども、きれいにしたい部分がどうなるのか楽しみです。レストア中も見学できるということなので、毎日のように作業の様子を見に行ってしまうかもしれません」

「30年乗り続けた『シーマ』とお別れするのはすごく寂しいですが、戻ってくるのを楽しみにしています」と語った。

スペイン語で「頂上」の名をもつ初代「シーマ」 FPY31型は、 “日本的な味を持った、 世界に通用する新しいビッグ・カー”をコンセプトに、 1988(昭和63)年に発売された。
スペイン語で「頂上」の名をもつ初代「シーマ」 FPY31型は、 “日本的な味を持った、 世界に通用する新しいビッグ・カー”をコンセプトに、 1988(昭和63)年に発売された。
今回レストアを受けるシーマと同型の『ニッサン・シーマ タイプIIリミテッド』
今回レストアを受けるシーマと同型の『ニッサン・シーマ タイプIIリミテッド』
初代ニッサン・シーマ タイプIIリミテッドのインテリア(コクピット)
初代ニッサン・シーマ タイプIIリミテッドのインテリア(コクピット)
初代シーマに搭載された3.0リットルV6ターボエンジン(VG30DET)。最高出力187kW=255PS
初代シーマに搭載された3.0リットルV6ターボエンジン(VG30DET)。最高出力187kW=255PS