『レンジローバー・ヴェラール』の2021年モデル登場。ノイズキャンセリングを初採用

 近年、精力的なモデルラインアップの拡充で車種バリエーションを増やしているジャガー・ランドローバーの基幹ブランド『レンジローバー』。その中軸を担う『RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)』に2021年モデルが登場した。

 この改良でマイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用した最新ユニットの設定や、新機能“アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション”を初採用。さらに2021年モデル限定グレード“VELAR EDITION(ヴェラール・エディション)”も設定され、3月10日より受注開始となっている。

 ジャガー・ブランドでは『F-PACE』として展開されるミドルSUVの姉妹車にもあたる『レンジローバー・ヴェラール』が、同車と同じく21年モデルに刷新された。その改良点の軸として、パワーユニットにはMHEVを採用した最新の2.0リッターINGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力204PS、最大トルク430Nm)が導入され、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力250PS、最大トルク365Nm)の2種類展開となった。

 さらに注目の新機能としてノイズキャンセレーション技術を応用した“アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション”を、ランドローバーのモデルとして初採用した。この機能はMERIDIAN(メリディアン)サウンドシステムに設定されるもので、各ホイールに設置した加速度計がロードノイズの原因となる振動を検知。

 そのロードノイズを反転させた逆位相を自動計算して、車内のスピーカーから発生させ走行中のノイズを打ち消す、というもの。これにより、低周波ノイズが起因する運転時の疲労の低減にも効果が期待できるという。

パワーユニットにはMHEVを採用した最新の2.0リッターINGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力204PS、最大トルク430Nm)も導入
純ガソリン仕様の“R-DYNAMIC SE P250”をベースに、2021年モデル限定グレード“VELAR EDITION”も追加設定された

■外装色は全11色が用意され、価格は787万~

 さらに3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなど多彩なドライバー支援システムを搭載し、スムーズで快適な通信環境を提供する最新のインフォテインメント・システム“Pivi Pro”も標準装備とした。

 この“Pivi Pro”に付帯するオンラインパックには専用の通信データプランが用意され、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索/ガソリン価格のオンライン取得/マップデータのオンラインアップデート)や、メディア(Spotify/Deezer/TuneInRadio)、天気予報(AccuWeather)、カレンダー(Google Suite/Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にすることなく使用可能となっている。

 また、純ガソリン仕様の“R-DYNAMIC SE P250”をベースに、2021年モデル限定グレードとなるヴェラール・エディションも追加設定され、エクステリアはサントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーのほかに専用色のランタオブロンズを用意。

 スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、ブラックパック、20インチ“スタイル7014”7スポーク(グロスブラックフィニッシュ)など、黒を基調した装備で全体を引き締めて、よりモダンで洗練された外観に仕上げられた。

 ボディカラーには、新色のポルトフィーノブルー、ハクバシルバーを含む全11色が設定され、価格は787万~1013万円(税込)となっている。

注目の新機能としてノイズキャンセレーション技術を応用した”アクティ・ロードノイズ・キャンセレーション”を、ランドローバーのモデルとして初採用した
スムーズで快適な通信環境を提供する最新のインフォテインメント・システム“Pivi Pro”も標準装備としている

Land Roverウェブサイト:http://www.landrover.co.jp
ランドローバーコール(フリーダイヤル):0120-18-5568