ホンダS660の中古車は値落ちしている?販売終了までラスト1年の今が買い!【ホンダS660・中古車】

●S660の中古車は流通台数が豊富な現在が狙い目

S660の外観02
モデューロX「バージョンZ」のフロントスタイル。

2021年3月12日、ホンダの軽2シーターオープンカーのS660の2022年3月31日をもって生産終了することを発表。同時にS660最後の特別仕様車である「バージョンZ」を設定しました。

ファイナルモデルとも呼べるこの「バージョンZ」は、ホンダの純正アクセサリーを開発するホンダアクセスの専用カスタマイズパーツを量産過程で装着したコンプリートカー「S660 モデューロX」に、ソニックグレー・パールの特別色のボディカラーをはじめ、ブラック塗装された専用アクティブスポイラー。インテリアのカーボン調パネルなどの専用装備が追加されたモデルとなっています。

S660の外観03
マイナーチェンジ後のS660のフロントスタイル。

生産終了までまだ1年ありますが、S660のようなスポーツカーは生産終了すると中古車相場は上昇すると予想されます。

S660の外観04
マイナーチェンジ後のS660のリアスタイル。

そこで、現在S660の中古車の相場はどのような動きをしているのかを紹介しましょう。

現在、S660の中古車の流通台数は約620台と非常に豊富です。直近3カ月間の中古車の流通台数は約600〜640台の間で推移しており安定しています。

S660の内装01
S660のインテリアは非常にタイトでクルマとの一体感を味わえる。

平均価格は3カ月前の2020年12月の時点では約180万円でしたが、現在は177万円と値落ち傾向になっています。特に年度末となった3月に入り2万円の値落ち幅を記録し、この値落ちは現在も続いています。

S660の内装02
ホールド性抜群のスポーツシートを装着。

中古車の価格帯は約103万〜約400万円と非常に幅広くなっています。初期モデルでも100万円以下の中古車が流通していないのは、新車時は価格が高くて敬遠していたユーザーが中古車となって購入するというケースが多いと考えられます。

S660の内装03
運転席後方に搭載されているターボエンジン。

今後も価格の安い中古車が中心となって市場から姿を消していくので、相場の最安値が切り上がり平均価格が上昇することになるのです。

S660の内装04
荷室はフロントの部分のみで最低限のスペースだ。

現在、S660の中古車のグレード構成はアルファが約480台、βが約55台、モデューロXが約23台。

ファーストエディションと呼べるコンセプトエディションとムゲンRAがそれぞれ約14台となっています。

S660の内装05
スポーツモードを選ぶとメーターパネルが赤く点灯する。

ミッションはCVTとMTの比率はほぼ50:50となっています。価格帯はCVTが約103万〜400万円。MT車は約118万〜約400万円と若干MT車のほうが高くなっています。

S660の外観05
ハイグリップタイヤのアドバンネオバを装着。

現在は160万円以下の中古車が約160台と豊富ですが、生産終了がアナウンスされた今後は値上がりに転じる可能性は高いです。

したがってこの値落ち傾向が続いている間にS660の中古車を手に入れるのがベターと言えるのではないでしょうか。

このような開発費用の掛かった軽オープンカーは2度と登場することはないので、値上がり前に手に入れるようにしてください。

(文/写真:萩原文博 写真:本田技研工業株式会社)