ホンダ、1-2で充実のテストを終了「開幕戦まで実力は見えないが、大きな問題なく準備ができた」と田辺TD【F1テスト3日目】

 バーレーン・インターナショナル・サーキットでの2021年F1テスト3日目最終日、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマーク、2番手にアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が続いた。ふたりは3日間総合のタイムでも1位、2位に続き、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車がワンツーを飾る結果となった。

 3月14日、午前セッションにはレッドブルからセルジオ・ペレス、アルファタウリからピエール・ガスリーが出場。ペレスは49周を走り、1分30秒187(C4タイヤ)で午前セッションでは最速、この日全体の8番手となった。ガスリーは76周のなかで1分30秒828(C4タイヤ)をマークし、午前では4番手、午前午後総合では12番手だった。

2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年F1プレシーズンテスト2日目 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 午後のセッションにはレッドブルからフェルスタッペン、アルファタウリから角田が登場。終盤、多くのドライバーがソフト寄りのタイヤでのアタックを実施するなか、フェルスタッペンは1分29秒台に入りトップに。角田はそのタイムを塗り替えて一時首位に立つが、フェルスタッペンが1分28秒960(C4タイヤ)の最速タイムをマーク。角田は1分29秒053(C5タイヤ)までタイムを削るものの、0.093秒差の2番手となった。フェルスタッペンは64周、角田は91周を走行している。

 3日間総合のタイムシートでは、フェルスタッペン1位、角田2位、ペレス8位、ガスリー11位という結果だった。

2021年F1プレシーズンテスト3日目 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト3日目 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏は、3日間のテストを振り返って次のようにコメントした。

「バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された2021年のプレシーズンテストが終了しました。3日間で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダが422周、レッドブル・レーシング・ホンダが369周で、ホンダのPUを搭載した2チームのマシンは合計791周・4281kmを走行。開幕戦に向けて走行距離を伸ばせたのみでなく、中身の濃い貴重なデータを収集することができました」

「この3日間の中でPUに関するマイナーな問題も散見されたものの、レース本番を前に、問題を見つけることもテストの目的です。ここまで、マシンを止めるような大きなトラブルなく2チームともに走り、予定通りにプログラムを消化することができた、充実のテストとなりました」

「今回のテストで得たデータを解析するとともに、問題点を潰し込むために、まだまだエンジニア、メカニックは忙しい時間が続きます」

「我々の実力が見えるのは2週間後の予選とレースを終えてからになると思いますが、ここからの準備も最善を尽くして臨みたいと思います」