角田裕毅、トップからわずか0.093秒差の2番手「最高の気分。開幕に向けてワクワクする」【F1テスト3日目】

 2021年F1プレシーズンテスト3日目最終日、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は午後のセッションを担当し、18人中2番手のタイムを記録した。このタイムは3日間総合でも2番手にあたる。

 3月14日、バーレーン・インターナショナル・サーキットで角田は91周を走行。レースシミュレーションとともに、終盤にはソフト寄りのタイヤでのアタックも行い、一時はトップに立った。最終的にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、C4タイヤで1分28秒960という3日間全体での最速タイムをマークしたものの、角田はわずか0.093秒差の1分29秒053をC5タイヤで記録し、2番手に続いた。最終日、そして3日間総合でも、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車がワンツーを飾る結果となった。

2021年F1プレシーズンテスト3日目 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト3日目 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「F1マシンで全開アタックをして2番手に入るというのは、最高の気分です。もちろん、まだテストに過ぎないので先走ってはいけませんが、この位置で3日間を締めくくれるというのは素晴らしいことです」と角田はコメントしている。

「この数日で非常に多くを学びましたし、チームも多くの有用なデータを収集できましたので、開幕に向けてしっかりと分析していきます。このテストでかなりの周回を走り込んでコースをよく理解できているので、ここで開幕戦を迎えられることはとてもいいことだと思います」

「いくつか小さな問題はありましたが、僕らはすべてを明らかにするためにテストをしているわけで、こうしたことも想定内です。レース本番では、現状でベストのパッケージを用意できるはずです。ここから2週間ハードワークを継続していきます。今から開幕戦にワクワクしています!」