F1復帰のアロンソ、128周を走行「車の感触は良好。ハードタイヤで距離を重ねるという目標を達成した」

 2021年F1プレシーズンテスト2日目、2018年以来初めてF1に参戦するフェルナンド・アロンソが公式テストに登場した。アロンソはこの日128周をアルピーヌA521で走りこみ、ハード寄りのC2タイヤで記録した1分32秒339で10番手となった。

 2月に事故に遭い、上あごを骨折したアロンソは、開幕までに回復するのかどうか懸念を持たれていたが、無事にバーレーン・インターナショナル・サーキットでのプレシーズンテストに合流、3月13日、本格的なテストを開始した。アロンソはC2とC3タイヤでの走行を集中して行い、午前中に記録したタイムが自己ベストとなった。

2021年F1プレシーズンテスト2日目 フェルナンド・アロンソ(アルピーヌA521)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 フェルナンド・アロンソ(アルピーヌA521)

「今日は予定したプログラムに沿って、たくさんの周回を走った。これからデータをじっくり分析する」とアロンソは一日の走行を終えた後にコメントした。

「マシンの感触はよかった。でも新しいエアロパッケージの特徴をもっとよく理解する必要がある。今日はハード寄りのコンパウンドで走った。明日はエステバン(・オコン)とふたりで走り、さらにデータを収集し、パッケージ全体の微調整を行う」

 テスト2日目、多くのドライバーがソフト寄りのタイヤを使用し始めた。そんななかでソフトでのアタックを行わなかったことについて、アルピーヌはテスト中はハード側のタイヤでのプログラムに集中する方針であると、アロンソは説明した。

2021年F1プレシーズンテスト2日目 インタビューに応じるフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 インタビューに応じるフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

「僕らは、ハード寄りのコンパウンドで、できる限り多くの周回をこなすという選択をした」とアロンソが語ったとF1公式サイトが伝えた。
「ソフトタイヤを使うのは、(テスト最終日の)明日ですらなく、2週間後(の開幕戦)になるかもしれない」

 アロンソはテスト最終日14日は午後のセッションを担当する予定となっている。

2021年3月11日(木)~14日(日)の期間でDAZN新規加入2カ月無料キャンペーン
2021年3月11日(木)~14日(日)の期間でDAZN新規加入2カ月無料キャンペーン