レッドブル・ホンダ分析:ペレスがレースシミュレーションを実施。RB16Bは追い風の難所でも安定感を見せる

 メディアセンターを出て、最も近くにあるターン10のアウト側で新車の走行を見ていたら、レッドブルのチームウェアを着たスタッフがふたり、歩いてきた。聞けば、ひとりはマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスエンジニア(セットアップの方向性をレースエンジニアに提案する人)で、もうひとりは普段はファクトリーで勤務している制御系のエンジニアだった。

レッドブル・ホンダ分析
マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスエンジニアと、普段はファクトリー勤務の制御系担当のエンジニア。セルジオ・ペレスの走行を見守っていた

 テストは1チームにつき1日1台しか走行できないため、ドライバーが変われば、担当しているエンジニアも変わる。2日目にレッドブル・ホンダのステアリングを握ったのはセルジオ・ペレスだったから、チームメートのフェルスタッペンの担当エンジニアはお休みなのだが、ただ休むのではなく、こうしてコースサイドに出て、いつもと違う角度からF1を観察するあたりがいかにもトップチームのレッドブルらしい。

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト 2日目の走行を担当するセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 何年か前のテストでも、コースサイドでライバルチームのマシンをデジカメに収めていたエンジニアがいたが、それもレッドブルだった。

 バーレーンは初日の夕方から強くなった風が夜には砂嵐となり、国中が砂煙に覆われた。そのため、2日目の路面コンディションはセッションが開始してしばらくは安定していなかった。しかも、風向きも初日とは正反対で多くのドライバーがブレーキングやコーナーの立ち上がりでマシンをコントロールするのに苦しんでいた。

 レッドブルのエンジニアが視察に来ていたターン10は、この日はブレーキングで追い風となり、立ち上がりは横風を受ける難所となっていた。そのターン10をペレスが駆るRB16Bは安定して周回していた。

 にもかかわらず、この日、ペレスがマークした自己ベストは全体の8番手となる1分31秒682に終わった。理由はこの日のペレスのメインのプログラムがレースシミュレーションだったからだ。しかも、この日ペレスはC2タイヤしか履いておらず、上位7人はいずれもペレスより軟らかいC3〜C5タイヤだった。

 チームを移籍して、マシンやエンジニアとのコミュニケーションに慣れるのに苦労しているドライバーが多いなか、いきなりレースシミュレーションを敢行し、遂行したペレスとレッドブル・ホンダ。

「非常にトリッキーなコンディションでスタートしたにもかかわらず、たくさんの作業ができたし、まだまだマシンには新しく開発されたパーツが投入され、進化する。このチームと一緒に仕事ができるのは本当に最高で、すでに可能性を感じている」

 テスト2日目を終了した段階で、最も順調にプログラムを消化しているチームと言っても過言ではない。

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年3月11日(木)~14日(日)の期間でDAZN新規加入2カ月無料キャンペーン
2021年3月11日(木)~14日(日)の期間でDAZN新規加入2カ月無料キャンペーン