「レース直系の鍛造1ピースに艶消しカラーが登場」TWSの最新モデル『RS317』に注目!【最強ホイール解体新書】

「レース直系の鍛造1ピースに艶消しカラーが登場」TWSの最新モデル『RS317』に注目!【最強ホイール解体新書】

PCD100の5穴から輸入車まで対応!

国産ハイエンドホイールに新たな選択肢

世界最高峰の鍛造生産体制を誇り、多種多様のホイールカテゴリーを網羅する“TWS”。そんな同社にとって、技術的にも精神的にも支柱となっているのがモータースポーツへの挑戦だ。F1やWECといったトップカテゴリーとの関わりが深く、国内に目を移すとスーパーGTやスーパー耐久、各種ワンメイクレースなど幅広いカテゴリーにホイールを供給している。

そうした活動を踏まえて、かねてよりアフターパーツとしてのモータースポーツ系ホイールを提案してきた。それが『TWSモータースポーツ』カテゴリーの製品群であり、その最新モデルが『RS317』だ。強度および剛性確保に優れるものとして同カテゴリーが貫く2×5本スポークを、さらに鍛えるかのごとく発展させたものだ。


そのポイントとなるのが縦断面、つまりはスポークの厚みだ。極限まで薄く細く見えるスポークだが、それはあくまで真正面から見たときの印象。角度を変えると、徐々に太い縦断面が浮き彫りとなる。この厚みによって、あらゆる方向からの応力を受け止め、無駄なたわみを発生させずに真円を保たせることで、タイヤのグリップ性能を存分に発揮させるわけだ。

また、スポークサイドの駄肉カットや、スポークエンド部の処理、凹形状のフランジなど細部もまた性能追求に余念がない。ボルト、ナットの緩みを軽減するバックスプリング加工や、ホイールとタイヤとの空転を防ぐアンチスリップ加工も実施。これらはすべて実戦で得たノウハウが基となっている。

スタンダードフェイスとコンケイブフェイスを合わせて、全7タイプを設定。スポークの最高部からセンターパートまでの深さで、18インチのC-2だと73.5mmものコンケイブを達成する。


なお、RS317は17~19インチで展開し、純正車両を前提とするスタンダードスペックと、チューナーサイズを取り揃える。そして、カラーバリエーションはこれまで『レーシングガンメタリック』と『グラファイトブラック』の2色としてきたが、オプションとして『フラットガンメタ』と『フラットグラファイトブラック』という艶消しカラーを追加設定。4月1日より受注開始となる。

繊細でグラマラスな表情を魅せる標準色に対して、より落ち着きある佇まいを魅せるフラットなオプションカラー。モータースポーツ直系の高い戦闘力を誇るRS317を履きこなすにあたって、愛機とのマッチングがより楽しめる新たな選択肢が加わった。

●製品仕様
TWS Motorsport RS317
価格:7万1000円〜9万8000円

サイズ:17×7.5J〜19×10.5J

●問い合わせ:TAN-EI-SYA WHEEL SUPPLY TEL:0766-86-0117