ホンダ、261周走行し、2番手タイム「ポジティブな日。機能確認とセッティング最適化を進めた」と田辺TD【F1テスト2日目】

 2021年F1プレシーズンテスト2日目の3月13日、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するレッドブル・レーシングからはセルジオ・ペレスが参加、アルファタウリは午前に角田裕毅、午後にピエール・ガスリーを起用して、バーレーン・インターナショナル・サーキットでニューマシンでの走行を行った。

 ペレスはレッドブル加入後初のF1公式セッションに臨み、レッドブルRB16B・ホンダでの本格的なテストに取り組んだ。一日のなかで117周を走行、ハード寄りのタイヤでのロングランに集中した。ベストタイムはC2タイヤでの1分31秒682で、16人中8番手だった。

 午後のセッション後半には、走行中に突然左側のエンジンカバーが外れるという問題が発生したものの、短時間で修理は終わり、すぐにコースに復帰している。

2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト2日目 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 アルファタウリAT02で午前セッションに参加した角田は、57周走行し、C4タイヤでの1分32秒684で11番手となった。午後にはガスリーがステアリングを握り、ロングランを行った後、セッション終盤、ソフトタイヤでのアタックを行い、最もソフトなC5タイヤでの1分30秒413で、この日の2番手となった。ガスリーは一日のなかで87周を走りこんだ。

2021年F1プレシーズンテスト2日目 アルファタウリAT02・ホンダに乗り込む角田裕毅
2021年F1プレシーズンテスト2日目 アルファタウリAT02・ホンダに乗り込む角田裕毅

 ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏は、一日を振り返って次のようにコメントしている。

「ホンダPUを搭載する2チーム、2台のマシンは大きなトラブルなく周回を重ね、レッドブル・レーシング・ホンダが117周、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダが144周と、両チーム合計で261周の走行ができたことを、ポジティブに捉えています」

「風が強い一日でしたが、昨日のような砂嵐には至りませんでした。一方、外気温・路面温度は昨日から10度ほど下がり、異なるコンディションの中で走行することができたため、いいデータの蓄積になりました」

「本日は、ショートランに加え、レースをシミュレーションしたロングランも行いました。PUとしてもレースを想定したセッティングの確認を含め、多岐にわたるテスト項目を通して、機能確認とセッティングの最適化などに努めました」

「最終日となる明日のテスト3日目は、開幕戦前に走行できる最後の機会となります。残された8時間を最大限活用し、いい形でシーズン開幕を迎えられるようにしたいと思います」

2021年3月11日(木)~14日(日)の期間でDAZN新規加入2カ月無料キャンペーン
2021年3月11日(木)~14日(日)の期間でDAZN新規加入2カ月無料キャンペーン