スバルがアメリカで計9つの2021年安全性評価「トップセイフティピックプラス」「トップセイフティピック」を獲得

■2013年以降、単一ブランド最多となる「TSP+」を獲得

2021年3月11日、SUBARU(スバル)が米国で販売している2021年モデルが、「トップセイフティピックプラス(TSP+)」「トップセイフティピック(TSP)」の計9つの賞を獲得した、と明らかにしました。

同賞は、アメリカのIIHS(Insurance Institute for Highway Safety:道路安全保険協会)によって行われた2021年安全性評価において評価されたものです。

SUBARU フォレスター
「2021 トップセイフティピックプラス(TSP+)」を獲得したフォレスター

「IIHS」では、継続的に評価基準を厳格化。2021年安全性評価で「TSP」を獲得するには、6種類ある耐衝撃性能試験のすべてにおいて「Good」、前面衝突予防評価において対車両と対歩行者の両方で「Superior」もしくは「Advanced」、ヘッドライト性能試験で「Good」か「Acceptable」を獲得することが必要になります。

さらに、「Good」もしくは「Acceptable」評価を獲得したヘッドライトを標準装備したモデルには、最高評価である「TSP+」が与えられます。つまり、衝突安全性能をはじめ、乗員保護性能や歩行者安全性能、ヘッドライトの性能も求められる評価になります。

「2021 トップセイフティピックプラス(TSP+)」を獲得したのは、3年連続のTSP+獲得となるクロストレック ハイブリッド、15年連続のTSP獲得になるフォレスター、16年連続になるレガシィ、13年連続のアウトバック、4年連続となるアセントの5モデル。

「2021 トップセイフティピック(TSP)」を獲得したのは、14年連続のTSP獲得になるインプレッサ(セダン、5ドアの両モデル/アイサイトおよび特定のヘッドライト装着車)。10年連続となるクロストレック(アイサイトおよび特定のヘッドライト装着車)、8年連続になるWRX(アイサイトおよび特定のヘッドライト装着車)の3台。

SUBARU アセント
「TSP+」を獲得したSUBARUアセント

なお、TSPの要件がさらに強化された「TSP+」が2013年に導入されて以降、同社が獲得した「TSP+」の累計は、57になり、単一ブランドとして最多になります。

(塚田 勝弘)