謎のサイコロはなんのサイン!? メルセデス・Sクラスに電動ハードコアモデル「S63e」設定へ

■フロントエンドの偽装がはずれ、牙を剥いたフロントマスクがついに露出

メルセデス・ベンツが開発を進めるハードコア電動Sクラス・セダン、AMG「S63e」最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG S63e_006
メルセデス AMG S63e 開発車両

これまででもっともカモフラージュが軽い状態で捉えたテスト車両は、リアフェンダー上部の充電ポートが初めて露出、助手席側リヤフェンダーのガソリンキャップと同じ形状であることが見てとれます。

メルセデス AMG S63e_012
メルセデス AMG S63e 開発車両

プロトタイプのホイールが前後異なっている理由はわかりませんが、さらに困惑させるのはバックミラーにぶら下がっている大きなサイコロです。おそらく、開発になんの関係もない、欧米人特有の遊び心からと思われます。

フロントマスクでは、ブーメラン型LEDデイタイムランニングライトのアウトラインが初めて完全に露出したほか、パナメリカーナグリル、その下には牙のようにデザインされたアグレッシブな垂直スラットを複数備えていることが確認できます。また、リヤエンドにはクワッドエキゾーストパイプをインストール、LEDテールゲートの新グラフィックも初公開です。

足回りでは、サスペンションを強化したことにより大型ブレーキを装備、最低地上高がローダウンするなど、他のグレードと差別化が図られています。

メルセデス AMG S63e_004
メルセデス AMG S63e 開発車両

AMG「C63」ではV型8気筒と訣別、直列4気筒にマイルドハイブリットが組み合わされますが、S63は4.0リットルV型8気筒を維持、リヤに電気モーターを組み合わせることにより最高出力は700psを発揮、駆動方式はAWDが予想されています。

また、かつて販売されていたV型12エンジン搭載「S65」の実質後継モデルに値する、「S73e」では最高出力800psを叩き出すといいます。

S63e市販型のワールドプレミアは、今後数ヵ月以内と予想されています。

(APOLLO)