フル参戦初年度の阪口晴南が最速。赤旗2回、大雨に翻弄されたSF鈴鹿公式合同テスト2日目午後

 全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1回公式合同テストは3月12日、鈴鹿サーキットでセッション4が行われ、阪口晴南(INGING MOTORSPORT)が1分53秒202でトップタイムを記録した。2番手には野尻智紀(TEAM MUGEN)が、3番手には坪井翔(INGING MOTORSPORT)が続いた。

 12日午後の鈴鹿サーキットも引き続き、分厚い曇天に包まれた。午前中に降った雨は上がるも、依然として路面は濡れており、手元の計測で気温13度、湿度74%というコンディションのなか、14時からセッション4はスタートした。

 開始早々の14時2分、アウトラップ走行中の関口雄飛(TEAM IMPUL)がS字コーナーの3つ目でクラッシュし、赤旗が掲示されセッションは中断された。そして関口のマシン回収後、セッションが再開されたタイミングで鈴鹿サーキットに雨粒が落ち始める。

 数台がドライタイヤでコースインするも、雨足は徐々に強まりをみせ、各車は計測周回を行わずそのままピットへ。その後、車両が走らない時間が続いたが、レインタイヤを装着した小高一斗(KCMG)がコースインし、1分58秒522を記録してトップに浮上する。それをみたライバル勢も続々とレインタイヤでコースインした。

 小高は周回を重ね、6周目には1分57秒775を記録。しかし、計測7周目のデグナーカーブでコースオフし、サンドトラップから出られなくなった。このアクシデントにより、2度目の赤旗が掲示されることに。なお、赤旗掲示直前には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が1分57秒032を記録してトップに浮上している。

 セッションが再開されると、雨足も弱まり、各車続々とコースイン。そんななか、大湯は自身の記録した最速タイムを更新し、1分54秒756でトップをキープするが、ここで野尻が1分53秒352を記録して、大湯を上回る。その直後、阪口が1分53秒202を記録してトップに浮上し、大雨のなか激しいアタック合戦が繰り広げられた。

 その後も数台がウエット状況で周回を重ねたが、阪口の記録した1分53秒202を上回る車両はなく、阪口がトップで鈴鹿合同テストの最後のセッションを終えた。2番手に野尻が続き、3番手は坪井が続いている。

 4番手は大湯、5番手には山下健太(KONDO RACING)がつけ、6番手には宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が続いた。なお、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)の3台はセッション4を出走せずに終えている。

 次回となるスーパーフォーミュラ第2回公式合同テストは3月23〜24日に静岡県の富士スピードウェイで実施される。開幕を前にした最後のテストということもあり、開幕戦富士の結果を占う意味でも注目のテストとなるだろう。

阪口晴南(INGING MOTORSPORT)
阪口晴南(INGING MOTORSPORT)
野尻智紀(TEAM MUGEN)
野尻智紀(TEAM MUGEN)
坪井翔(INGING MOTORSPORT)
坪井翔(INGING MOTORSPORT)
大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)
大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)
山下健太(KONDO RACING)
山下健太(KONDO RACING)
アウトラップにスピンを喫した関口雄飛(TEAM IMPUL)
アウトラップにスピンを喫した関口雄飛(TEAM IMPUL)
ピットロードまで戻ってきた関口雄飛(TEAM IMPUL)の車両
ピットロードまで戻ってきた関口雄飛(TEAM IMPUL)の車両
雨足が強まるなか好走をみせるも、コースオフが続いた小高一斗(KCMG)
雨足が強まるなか好走をみせるも、コースオフが続いた小高一斗(KCMG)

 また、セッション4開始前には、公式合同テスト観戦に訪れたファンへ向け、ホームストレートウォークが実施された。12日午前のセッション3と午後のセッション4の間で行われ、鈴鹿サーキットを訪れた多くのスーパーフォーミュラファンがホームストレート上からピットレーンやガレージを見学できるというものだ。急遽実施となったホームストレートウォークだったが、大湯都史樹がソーシャルディスタンスを保ちながらファンサービスに応えていた。

急遽実施となったホームストレートウォーク
急遽実施となったホームストレートウォーク
ファンサービスに応える大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)
ファンサービスに応える大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)