ホンダ、S660の22年3月生産終了を発表。最後の特別仕様車『S660 Modulo X Version Z』発売

 3月12日、ホンダは2022年3月をもって2シーターオープンスポーツモデルのS660、S660 Modulo Xの生産を終了すると発表し、これにあわせ、これまでS660を支えたユーザーに感謝の気持ちを込めた特別仕様車『S660 Modulo X Version Z』を発売するほか、オリジナルコンテンツも公開されていく。

 ホンダS660は、本田技術研究所設立50周年を記念した商品企画提案をきっかけに開発がスタート。「あらゆる場面でいつでもワクワクする、心が昂る本格スポーツカーを追求し、ホンダらしい『走る喜び』の実現を目指したモデル」として2015年に発売が開始され、2018年7月にはスーパーGTでもお馴染みのモデューロブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するチューニングを施したコンプリートモデルとして、『S660 Modulo X』の販売を開始した。

 S660はミッドシップレイアウトならではの高いハンドリング性能を誇り、レーシングドライバーにもファンが多いが、そんなS660、S660 Modulo Xが2022年3月に生産が終了することになった。ホンダでは、これまでS660、S660 Modulo Xを支えたユーザーに感謝の気持ちを込めた特別なモデルとして、特別仕様車『S660 Modulo X Version Z』を設定。3月12日に発売を開始した。

『S660 Modulo X Version Z』は特別色としてソニックグレー・パールを設定したほか、エンブレムをブラッククローム調へ変更。また専用アクティブスポイラー、アルミホイールの塗装がブラックに彩られる。インテリアパネルもカーボン調のものが採用され、レーシーさを増している。

 ホンダでは、生産終了に向け全国のS660オーナーとともに、“つくり・繋がるコンテンツ”として、『#WELOVES660』をホームページで実施する。S660との動画または写真をユーザーがSNSで投稿し、それらを繋ぎ合わせたスペシャルムービーの公開を予定する。またS660オーナー、開発者、製造者のエピソードやメッセージを『S660 History』としてホームページとFacebookにて順次紹介していく。『#WELOVES660』、『S660 History』とS660 FacebookアカウントのURLは下記のとおりだ。

#WELOVES660:https://www.honda.co.jp/S660/WELOVES660/
S660 History:https://www.honda.co.jp/S660/history/
S660 Facebookアカウント:https://www.facebook.com/S660.official

S660 Modulo X Version Z 詳細はこちら
https://www.honda.co.jp/S660/versionz/

ホンダS660 Modulo X Version Z(ソニックグレー・パール)
ホンダS660 Modulo X Version Z(ソニックグレー・パール)
ホンダS660 Modulo X Version Z(ソニックグレー・パール)ホンダS660 Modulo X Version Z(ソニックグレー・パール)
ホンダS660 Modulo X Version Z(ソニックグレー・パール)
ホンダS660 Modulo X Version Zの専用アクティブスポイラー
ホンダS660 Modulo X Version Zの専用アクティブスポイラー
ホンダS660 Modulo X Version Z
ホンダS660 Modulo X Version Z
ホンダS660 Modulo X Version Zの専用ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
ホンダS660 Modulo X Version Zの専用ロゴ入りアルミ製コンソールプレート