平川亮が初日の最速タイムを上回り首位、終盤には降雨も。SF鈴鹿公式合同テスト2日目午前

 全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1回公式合同テストは3月12日、曇天の覆う鈴鹿サーキットでセッション3が行われ、平川亮が1分36秒355でトップタイムを記録した。2番手には大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が続き、3番手には笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がつけた。

 昨日の晴天から一転、12日午前の鈴鹿サーキットは曇天に包まれた。15時頃には激しい降雨が予想されているため、14時から行われるセッション4は30分間短縮となり、9時から行われるセッション3は30分間延長されることとなった。2時間30分で行われるセッション3は手元の計測で気温11度、湿度79%というコンディションのなか、スタートを迎えた。

 開始から8分、真っ先に1分37秒台に入ったのは阪口晴南(INGING MOTORSPORT)で1分37秒972を記録。その直後、初日の総合トップタイムを記録した笹原右京が1分37秒663を記録して暫定トップに浮上する。各車続々とテストメニューを進めるなか、笹原はセッション中盤に1分36秒845を記録し、昨日に続き好走をみせる。

 一方、笹原のチームメイトの福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)はセッション開始から1度もコースインすることなく、セッション3を終えている。

 後半には今季フル参戦デビューを迎える大津弘樹が、初日に笹原が記録した最速タイムを上回る1分36秒660を記録して暫定トップに浮上した。

 そんななか、セッション残り1時間というところで小高一斗(KCMG)が最終コーナーを飛び出し、スポンジバリアに接触してマシンを止めてしまう。これにより、この日初めての赤旗が掲示された。

 セッション再開後、平川亮(TEAM IMPUL)が1分36秒355を記録してトップに浮上する。その直後、アタック合戦が繰り広げられるかと思われた矢先、コースに雨粒が落ち始める。多くの車両がこのタイミングでピットに戻ると、雨脚はさらに強まり、完全なウエットコンディションとなった。

 その後も数台がウエット状況で周回を重ねたが、平川の記録した1分36秒355を上回る車両はなく、平川がトップでセッション3を終えた。2番手に1分36秒660を記録した大津が続き、3番手は笹原が続いている。

 4番手は坪井翔(INGING MOTORSPORT)、5番手には昨日初めてスーパーフォーミュラに搭乗したジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)がつけ、6番手には野尻智紀(TEAM MUGEN)が続いた。

 鈴鹿サーキットで行われているスーパーフォーミュラ第1回公式合同テスト、セッション4は14時から1時間30分で実施される。

大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)
大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)
笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
坪井翔(INGING MOTORSPORT)
坪井翔(INGING MOTORSPORT)
ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
中山雄一(KONDO RACING)
中山雄一(KONDO RACING)
宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
小高一斗(KCMG)スポンジバリアに接触してマシンを止めた
小高一斗(KCMG)スポンジバリアに接触してマシンを止めた
回収される小高一斗(KCMG)の車両
回収される小高一斗(KCMG)の車両