スーパー耐久にエヴァ初号機発進! エヴァンゲリオンレーシングがチーム初のシリーズ参戦を発表

 3月12日、ラナ エンタテインメントは人気アニメーション作品『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とコラボレーションしたレーシングチーム『エヴァンゲリオンレーシング』が、スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankookにシリーズ参戦すると発表した。

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版とのプロモーションタイアップにより、2010年に誕生したエヴァンゲリオンレーシング。チームは国内で屈指の人気を誇るスーパーGTや、鈴鹿8時間耐久ロードレースなどのリアル世界でレースを戦ってきた。

 チームの雰囲気もエヴァンゲリオンの世界観を忠実に守っており、マシンのカラーリングは劇中に登場する『汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン』のカラーをモチーフにしているため注目を集めている。それだけではなく、チームに華を添えるレースクイーンもエヴァンゲリオンに登場するキャラクターたちをモデルにしたことで高い人気を誇っている。

 今回、そんなエヴァンゲリオンレーシングが2021年のスーパー耐久にシリーズ参戦することが発表された。過去にはスーパー耐久シリーズの富士24時間レースなどにもスポット参戦を行ったことはあるが、年間を通してのシリーズ参戦は初の挑戦となる。

 チーム体制としては、レーシングチーム『Audi Team AS Sport』とタッグを組んでスーパー耐久ST-Zクラスに参戦するということだ。Audi Team AS Sportとは過去にもタッグを組んでいるが、初のシリーズ参戦を迎える2021年に向けて、そのチーム体制をさらに強化していくという。

 マシンはアウディR8 LMS GT4を採用し、カラーリングはエヴァンゲリオンレーシングおなじみの“初号機カラー”が施される。車両名は『エヴァRT初号機 アウディR8 LMS GT4』、ドライバーは西村元希、岡本武之、田ヶ原章蔵、藤原能成、ショウン・トンの5名となっている。

 また、この参戦発表に合わせ『エヴァンゲリオンレーシングRQ2021』として活動するメンバーも発表された。2021年は綾波レイ役を優月さん、式波・アスカ・ラングレー役を五十嵐希さん、真希波・マリ・イラストリアス役を霧島聖子さん、碇シンジ役を村上楓さん、渚カヲル役を梨砂子さんが務めることになる。

 そして、エヴァンゲリオンレーシングの特徴でもある“個人スポンサー制度”だが、こちらも引き続き、ECサイトの『サポルト』にて、3月下旬より2021年度の個人スポンサー募集を受付開始するとのことだ。エヴァ初号機カラーに彩られたアウディR8 LMS GT4が、スーパー耐久シリーズでどんな戦いを見せてくれるか注目だ。

■エヴァンゲリオンレーシング 2021年スーパー耐久チーム体制

エントラント:Audi Team AS Sport
参戦車両:アウディR8 LMS GT4
カーナンバー:505
メインスポンサー:株式会社エイチーム
車両名:エヴァRT初号機 アウディR8 LMS GT4
チーム代表:田ヶ原章蔵
チーム監督:澤田英宏
エグゼクティブマネージャー:大山 尚斗
チーフエンジニア:米田実
チーフメカニック:福田善仁
ドライバー:西村元希、岡本武之、田ヶ原章蔵、藤原能成、ショウン・トン

おなじみの初号機カラーが施された『エヴァRT初号機 アウディR8 LMS GT4』
おなじみの初号機カラーが施された『エヴァRT初号機 アウディR8 LMS GT4』