最後のHシステムがLHに世代交代! これで山陽自動車道の固定式オービスは、すべてレーダー探知機無効に!

Hシステム総撤去の流れに乗り、ようやく撤去された山陽自動車道上り168.0KPのHシステム。ところが、なんと、ホットしたのもつかの間、約50m先にピッカピカのLHシステムが出現だ!

岡山県のHシステムが、ついに全滅!

☆新規オービスDATA
場所:岡山県浅口市金光町上竹
道路:山陽自動車道
キロポスト:167.95KP
方向:上り(鴨方IC先)
機種:LHシステム
速度測定方式:ループコイル式
制限速度:100km/h

☆撤去オービスDATA
場所:岡山県浅口市金光町上竹
道路:山陽自動車道
キロポスト:168.0KP
方向:上り(鴨方IC先)
機種:Hシステム
速度測定方式:レーダー式
制限速度:100km/h

新規LHの約50m手前に設置されていたHシステムは、撤去。

 岡山県は山陽道の上り、鴨方ICの約3km先に設置されていたHシステムが、昨年の秋からこの冬にかけて撤去された。これで岡山県内のオービスは、一般道、高速道路含め、山陽道の新L型、1機になった…と思いきや、なんと撤去されたHのわずか50m先に、最新型ともいえるLHシステムが、突如、姿を現したのだ。

 残念ながら詳細な設置時期を確認できていないので、もしかすると撤去と同時、あるいは、Hのアーチを流用せず、しかも設置位置を50m先にずらしたということは、長野県警がよくやる「一時的なWオービス状態」になったのかもしれない。が、いずれにしても、岡山県内からついにHシステムが消えた、ということには間違いない。

 ちなみに、山陽道の上下線に設置されている固定式オービスは11機。その内8機はLHシステム、2機は旧L型のループコイル式、1機は新世代のL型と、これで対レーダー探知機対策は万全。くれぐれも事前の警告板を見逃さないように!

オービスのことなら、こちら! (近日更新再開!)