DSブランド初のプラグインハイブリッド4WDモデル「DS 7 CROSSBACK E-TENSE 4×4」を発売開始!

■システムトータル最高出力300ps、最大トルク520Nmを誇るハイパワーモデル

2021年3月10日、「DS AUTOMOBILES(DS オートモビル)」の最上級SUVである「DS 7 CROSSBACK」に、プラグインハイブリッド4WD仕様の「DS 7 CROSSBACK E-TENSE 4×4(DS 7 クロスバックE-TENSE 4×4)」が加わり、同日発売されました。

DS 7 クロスバックE-TENSE 4x4
「DS 7 クロスバックE-TENSE 4×4」のエクステリア

DSオートモビル初のプラグインハイブリッド(PHEV)は、フロントに1.6Lの「PureTech」ターボガソリンエンジン(200ps/300Nm)をベースに、81.2kW/110psのフロントアクスル用モーター、83kW/112psのリヤアクスル用モーターを装備。システム総合出力300ps/520Nmのハイパフォーマンスを誇ります。

ガソリンエンジンの低速トルクを前後モーターが補い、瞬時のレスポンスによって0-100km/h加速はわずか5.9秒(純ガソリンエンジン仕様は8.2秒)。

DS 7 クロスバックE-TENSE 4x4
「DS 7 クロスバックE-TENSE 4×4」のリヤビュー

前後モーターは、緻密な協調制御によって路面情報に応じたアクティブな駆動力制御を行います。SUVならではの行動範囲に拡大とより高い走行性能を、DSオートモビルならではの極めて洗練されたライドフィールで提供するそうです。

DS 7 クロスバックE-TENSE 4x4
「DS 7 クロスバックE-TENSE 4×4」のインパネ

また、電動化された「DS 7 クロスバック E-TENSE 4X4」には、4つのドライブモードを用意。効率の最大化を図る「ハイブリッドモード」、内燃機関のポテンシャルを最大限に引き出すという「スポーツモード」、前後モーターを独立して制御しトラクションを最大化する「4WDモード」、そしてデフォルトの電動モーターのみでゼロエミッション走行をする「エレクトリックモード」。

これら4つのモードとは別に、フォーミュラEからインスパイアされたDモードとBモードの2つのエネルギー回生システムが搭載されていて、好みに応じてシフトレバーの操作により選択ができます。

リチウムイオントラクション(走行用)バッテリーは、13.2kWhの容量をもち、後席下に格納。満充電に要する時間は、3kW/200Vで約5時間、6kW/200Vで約2.5時間となっています。無料のスマートフォン用アプリ「MyDS」から充電予約と状況の確認、そしてエアコンのプリコンディショニングの遠隔操作にも対応しています。

DS 7 クロスバックE-TENSE 4x4
13.2kWhのリチウムイオン電池を後席下に配置する

そのほか、純内燃機関仕様と同様に先進装備を満載。マルチファンクションカメラの画像解析で前方の路面状況をセンシングするフィードフォワードによってサスペンションを自動制御する「DS アクティブスキャンサスペンション」をはじめ、アクティブクルーズコントロールとレーンポジショニングシステムを統合制御するDS コネクテッドパイロット、3つの回転LEDモジュールとメインLEDプロジェクターで構成された「DS アクティブLEDビジョン」、駐車可能なスペースを検知し、必要なステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ操作のすべてをサポートする「DS パークパイロット」などが用意されています。

グレードは「Grand Chic」のモノグレード展開で、「DS 7 CROSSBACK E-TENSE 4×4」の価格は732万円。なお、CEV補助金の支給対象になります(金額は4月に確定)。

(塚田 勝弘)