フェラーリF1、2021年型マシン『SF21』を初公開。競争力を取り戻し、再びチャンピオン争いに絡めるか

 3月10日(水)、スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウは、2021年型の新マシン『SF21』を発表した。フェラーリは2月末にチームが新体制で動き始めている様子を動画で公開しているが、新車が披露されるのはこれが初めてだ。

 2020年はマシンとパワーユニットのパフォーマンス(PU)が低迷し、タイトル争いに絡めず、一度も優勝を挙げることなくシーズンを終えたフェラーリ。2021年はセバスチャン・ベッテルに代わってスペイン人ドライバーのカルロス・サインツJr.を起用し、シャルル・ルクレールとのコンビで競争力を取り戻していくことになる。

 ルクレールもサインツJr.も、1月にフィオラノで2018年型マシンを使用してテスト走行を行った。サインツJr.はルクレールを上回るタイムを記録しており、すでにエンジニアとも良好な関係を築いているとのことだ。

 そんなフェラーリの新マシン『SF21』のカラーリングは昨年同様マットなレッドだが、車体後方はよりダークなレッドに。また今年はミッション・ウィノウのロゴがグリーンとなっている。

 また2021年シーズンに向け、技術部門も再編成されている。チーム代表とテクニカルディレクターを兼任するマッティア・ビノットの下で、エンリコ・カーディルがシャシー担当、エンリコ・グアルティエーリがPU担当、ローレン・メキーズがレーシング担当、そしてジャンマリア・フルジェンツィがサプライチェーン担当となっており、彼らが各部門を統率する。なおカーディルの担当するシャシー部門は、さらに4つのグループに分かれている。

 昨年はコンストラクターズ選手権6位と厳しい1年を過ごしたが、2021年は再び優勝争い、そしてタイトル争いに加わることを目指すフェラーリ。今年はマシンを大幅にアップデートすることはできないが、なんとかパフォーマンスを改善し、再び選手権の上位に戻ることができるだろうか。跳ね馬の復活に注目したい。

 これで新車を発表したのは全10チーム中9チームで、残るはハースのみ。ハースは2021年仕様のカラーリングを発表しており、実車の公開はプレシーズンテスト初日の3月12日(金)を予定している。

フェラーリF1の2021年型マシン『SF21』
フェラーリF1の2021年型マシン『SF21』