スーパーフォーミュラ・ライツ合同テストは午前はアレジ、午後は宮田が首位。松下が続く

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の合同テストは3月10日、鈴鹿サーキットで午前のセッション1、午後のセッション2が行われ、午前は2021年からスーパーフォーミュラ・ライツに参戦するジュリアーノ・アレジ(TEAM TOM’S)が、午後は2020年王者の宮田莉朋(TEAM TOM’S)がトップタイムをマークした。

 2021年のスーパーフォーミュラ・ライツの幕開けとなる今回の鈴鹿合同テスト。11台17名のドライバーがエントリーしており、10時から2時間、15時から2時間という2回のセッションが行われた。

 午前のセッション1は、TEAM TOM’Sは1号車に野中誠太が乗車。また、B-MAX RACING TEAMの50号車には、午後に藤波清斗が乗り込む前に、午前にベースを定めるべく松下信治が乗車した。風はあるものの、暖かなコンディションのなかで行われた午前は、三宅淳詞(ルーニースポーツ)がデグナーでコースオフを喫したため一度赤旗中断となったが、幸い三宅はマシンの損傷なく再度コースインを果たしている。

 そんななか、1分51秒157をマークし午前のトップタイムとなったのは、2021年にスーパーフォーミュラ・ライツに挑戦するジュリアーノ・アレジ(TEAM TOM’S)。これまでも鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーで東コースは走った経験があるアレジだが、フルコース、さらにダラーラ320も初体験のなかでのトップタイムとなった。

 2番手にはこちらもダラーラ320での初走行となった松下が続き、河野駿佑(RS FINE)が3番手に。4番手にはカーボンブラックの37号車に乗り込んだ平良響(TEAM TOM’S)、5番手には野中がつけ、自身初めてのスーパーフォーミュラ・ライツの走行を終えた。

 15時からの午後の走行では、TEAM TOM’Sの1号車は野中に代わり、松下同様ベースを出すべく招聘された宮田莉朋が乗車。またB-MAX RACING TEAMの50号車には藤波清斗が乗り込み、松下はDRAGONに代わってB-MAX ENGINEERINGの30号車をドライブした。

 午後は佐藤蓮(TODA RACING)のストップ、さらに河野がデグナーでクラッシュするなど赤旗も出たが、2020年王者の宮田が1分49秒807をマークし、貫禄のトップタイムに。松下が30号車で2番手に続き、実質的なオーディションに挑んでいる藤波は3番手で走行を終えた。

 スーパーフォーミュラ・ライツの合同テストは3月11日に11時30分から2時間の走行が行われる。

TEAM TOM'Sの36号車をドライブしたジュリアーノ・アレジ
TEAM TOM’Sの36号車をドライブしたジュリアーノ・アレジ
B-MAX RACING TEAMの50号車に乗り込んだ松下信治
B-MAX RACING TEAMの50号車に乗り込んだ松下信治
藤波清斗(B-MAX RACING TEAM)
藤波清斗(B-MAX RACING TEAM)
TEAM TOM'Sの1号車をドライブした野中誠太
TEAM TOM’Sの1号車をドライブした野中誠太
3台体制で全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権鈴鹿合同テストに臨んだTEAM TOM'S
3台体制で全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権鈴鹿合同テストに臨んだTEAM TOM’S
佐藤蓮(TODA RACING)。スピースエンジンを積んだ。
佐藤蓮(TODA RACING)。スピースエンジンを積んだ。
B-MAX ENGINEERINGの30号車に乗り込んだ松下信治
B-MAX ENGINEERINGの30号車に乗り込んだ松下信治
三宅淳詞(ルーニースポーツ)
三宅淳詞(ルーニースポーツ)
クラッシュを喫した河野駿佑(RS FINE)
クラッシュを喫した河野駿佑(RS FINE)
TEAM TOM'Sの1号車をドライブした宮田莉朋
TEAM TOM’Sの1号車をドライブした宮田莉朋