メルセデス珠玉のGクラス「4×4スクエアード」次期型プロトタイプ、今度はオレンジカラーが出現!

■ルーフラック後部に新たなカモフラージュを確認、デビューは今後数ヵ月以内

メルセデス・ベンツがかつて発売していた至高のオフローダー「G G500/G550 4×4スクエアード」の最新プロトタイプをキャッチしました。

メルセデスAMG G スクエアード_004
メルセデAMG G500/G550 4 x 4 スクエアード 次期型プロトタイプ

同モデルは2016年に「Gクラス」のフラッグシップとして登場。六輪駆動車「G63 AMG 6×6」の足回りなどを継承し、巨大な22インチホイールを装着、ポータルアスクルとリフトアップした車高を備え、地上高は224mm高い、460mmという圧巻のボディが大きな特徴です。

さらにトラックを11.7インチワイドにすることにより安定性を向上させています。

メルセデスAMG G スクエアード_008
メルセデAMG G500/G550 4 x 4 スクエアード 次期型プロトタイプ

豪雪の北ヨーロッパで捉えた最新プロトタイプは、あざやかなオレンジです。これまでと同じ箇所にカモフラージュが施されていますが、唯一、ルーフラック後部に新たなカモフラージュが確認できます。全部にはおそらくLEDライトバーが備わるはずです。

足回りには、フロントアルミニウム製ウィッシュボーンとオフローダー用の巨大ブレーキが確認できます。赤いブレーキキャリパーは以前のダークブルーボディより、似合っている感じです。

市販型ではアーキテクチャを刷新、高性能AMGブランドから発売される可能性が高く、パワートレインはAMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが予想されています。最高出力は前世代の416psをはるかに超える585ps・最大トルク849Nmまで高められるといいます。

G500/G550 4×4スクエアード次期型のデビュー日は不明ですが、今後数ヵ月以内にデジタルワールドプレミアされると予想されます。

(APOLLO)