SF鈴鹿公式合同テストでDOCOMO DANDELIONが牧野任祐に代わり笹原右京を起用へ

 3月10日、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーションは、3月11〜12日に鈴鹿サーキットで行われるスーパーフォーミュラの鈴鹿公式合同テストのエントリーについて更新した。DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの6号車については、3月4日の段階では牧野任祐が登録されていたが、新たに笹原右京の名が記されている。

 DOCOMO TEAM DANDELION RACINGは、2021年シーズンに向けチームを移籍した山本尚貴に代わり、牧野を起用。福住仁嶺との2台を鈴鹿公式合同テストにエントリーしていた。しかし、牧野は2020年末に髄膜炎を発症してしまい入院。2021年1月には一度元気な姿をみせてくれていたが、療養中のため3月6〜7日のスーパーGT岡山公式テストも欠場していた。

 そんななか3月11〜12日に鈴鹿サーキットで行われるスーパーフォーミュラの鈴鹿公式合同テストだが、牧野はまたも欠場することになってしまった。代わってDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの6号車のステアリングを握るのは、2020年にTEAM MUGENからスーパーフォーミュラにデビューした笹原となった。

 今季移籍した牧野にとって、2021年開幕前のテストは富士での公式合同テストしかなくなってしまうことになる。牧野の一日も早い回復を願わずにはいられないところだ。

2020年は福住仁嶺がドライブしていたDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの6号車
2020年は福住仁嶺がドライブしていたDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの6号車