「ワゴンボディでこの速さは異常だ!」GT-RをブッちぎるGF8インプレッサの勇姿

「ワゴンボディでこの速さは異常だ!」GT-RをブッちぎるGF8インプレッサの勇姿

ダウンフォースとボディの煮詰めで55秒台突入!

オーナードライブ+Hパターンミッションで驚異の走り

日本一熱いタイムアタックイベント『Attack筑波2021』にて、驚異的な速さを見せつけたのが今回紹介するGF8型インプレッサワゴンだ。

所有歴25年目という新車ワンオーナーの個体で「スキーに行けて、走りも楽しめる実用性重視の選択でした」とオーナーは話すが、ディレッツァチャレンジを始めとするサーキットイベントに参加してるうちにチューニングがエスカレート。愛知県の“ラック”によって、2020年シーズンには筑波56秒台をマークするほどのサーキットスペックへとモディファイされた。

エンジンはEJ25ブロックを使用して新規製作されたもの。コスワース製のピストンやクランクを使用して2.6L化が図られており、そこにGRBベースのチューニングヘッドをドッキング。GCGのGTX3076タービンに2.2キロのハイブーストをかけて実測540ps/80kgmを絞り出している。制御はグループN競技参戦用に開発されたGDB用のモーテックM800にて行われている。オイル供給システムはドライサンプだ。

サスペンションはラックオリジナルのelスポーツ(エルスポーツ)V2−DFAダンパーがベース。フロントのスプリングはベステックス製18kg/mm+ヘルパー、リヤはサスペンションプラスのUC-01スプリング15kg/mm+ヘルパーという仕様だ。「強化スタビなどは投入していますが、バネは柔らかく。底突きしないギリギリを狙ったセットです」とのこと。

ワイド化されたフェンダーに収められたホイールはフロント10.5J、リヤ10JのアドバンレーシングRSIIで、タイヤは前後ともに295/30-18サイズのアドバンA050を組み合わせている。ブレーキはフロントがエンドレスのレーシング6ポット、リヤがGDB純正ブレンボの2ポットを投入する。


室内はドンガラのシングルシート仕様。フルスポット増しを行なったボディに、クスコベースのワンオフロールケージを溶接固定することで驚異的な剛強ボディを作り上げている。車重は約1200キロだ。一方のミッションはPPG製の強化6速ドグを採用。Iパターンのシーケンシャルを導入する車両が急増する中、あえてHパターンで戦い続けているのだ。

助手席位置にはドライサンプ用のオイルタンクとコレクタータンク、ウォータースプレー用のタンクをマウント。左右の重量バランスにも拘っているのだ。


エアロパーツは鈴鹿の名門“ボルテックス”が手掛けたカーボン製の逸品。大型のフロントディフューザーやリヤウイングは今回から導入された武器だという。予算の都合上、ドライカーボン製ではなくウェットカーボン製とのことだが、驚異的なダウンフォースを発生させる。

これまでのベストタイムは56秒8だったが、当日は自己ベストを1秒以上も更新する55秒784をマーク! 見事、筑波タイムアタックランキング歴代35位(2021年3月9日現在)に躍り出た。

「今回導入した空力パーツ、それに合わせて製作したロールケージがかなり効きましたね。しかし、ダウンフォースが強すぎてタイヤとボディが干渉して失速していまして…。この辺りを見直せばもうちょっとイケそうです」とオーナー。さらなる躍進に期待したい一台だ。

●取材協力:ラック 愛知県長久手市岩作琵琶ケ池20-1 TEL:0561-63-0101