SBKの暫定カレンダーが再度変更に。開幕は5月末のアラゴン、第5戦はスペインのナバラ・サーキットで開催

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)とドルナスポーツは3月9日、2021年シーズンにおけるスーパーバイク世界選手権(SBK)の暫定カレンダーを再度更新した。第1戦エストリルが延期されて、スペインのナバラ・サーキットでのラウンドが追加される。

 2021年シーズンのSBK暫定カレンダーが初めに公開されたのは2020年11月30日で、オランダが4月23~25日に第1戦として予定されていた。しかし、2月16日にオランダラウンドが7月23~25日に延期されて、5月7~9日開催のポルトガルのエストリルラウンドが開幕戦となった。

 ところが、再度暫定カレンダーが変更され、エストリルラウンドが延期に。5月21~23日に開催予定となるスペインのアラゴンラウンドが開幕戦となることが明らかとなった。

 さらに、後日発表とされていたラウンドが8月20~21日に、2010年にオープンしたスペインのナバラ・サーキットで開催されることも発表された。このラウンドは第5戦となりSBKとWSSは行われるがWSS300は帯同しない。

 2021年シーズン開幕前のオフィシャルテストは、WSSとWSS300がスペインのカタロニア・サーキットで3月29~30日に、SBKが3月31日~4月1日に行われることに変更はない。

 当初の予定から約1カ月遅れで開幕となるSBK。2021年は全13戦の開催を維持できるだろうか。

 2021年シーズンのSBK暫定カレンダーは以下の通り。

3月9日に発表された2021年のSBK暫定カレンダー
3月9日に発表された2021年のSBK暫定カレンダー

■2021年SBK暫定カレンダー(2021年3月9日発表時点)

Round 開催地 サーキット 日程
第1戦 スペイン(アラゴン) モーターランド・アラゴン 5月21~23日
第2戦 イタリア ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 6月11~13日
第3戦 イギリス ドニントン・パーク 7月2~4日
第4戦 オランダ TT・サーキット・アッセン 7月23~25日
第5戦 スペイン(ナバラ) ナバラ・サーキット 8月20~22日
第6戦 フランス マニクール・サーキット 9月3~5日
第7戦 スペイン(カタルーニャ) カタロニア・サーキット 9月17~19日
第8戦 スペイン(ヘレス) ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 9月24~26日
第9戦 ポルトガル(ポルティマオ) アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ 10月1~3日
第10戦 アルゼンチン サーキット・サンファン・ビリクム 10月15~17日
第11戦 インドネシア マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット 11月12~14日
第12戦 オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット TBA
ポルトガル(エストリル) エストリル・サーキット TBA