富士スピードウェイ、スーパーGT第2戦の各種チケットを3月11日10時より発売

 富士スピードウェイは3月9日、スーパーGT第2戦『2021 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT500km RACE』の各種観戦チケットを3月11日(木)10時より、全国のローソン、ミニストップのLoppiおよびローチケ、FSWオンラインチケットにて順次販売を開始すると発表した。

 4月11日に岡山国際サーキットでの開幕が予定されている2021年シーズンのスーパーGT。国内最高峰シリーズのひとつであるスーパーGTは昨年、コロナ禍の影響で国内3つのサーキットでのみ開催されることとなったが、今季はマレーシアとタイの海外戦がキャンセルされたものの、国内6会場での開催が実現する予定だ。

 その2021年スケジュールで2度レースが行われる富士スピードウェイでは、ゴールデンウイーク真っ只中の5月3~4日にシーズン第2戦が開催される。

 有観客で行われる同ラウンドは、『イベントにおける感染防止対策』に関する政府ガイドラインの遵守、および入場ゲートでの体温チェックなど感染拡大防止策の準備が充分になされた上で実施される。

 そんな第2戦富士のチケットが11日(木)からローソンをはじめ、Loppi、ローチケ、富士スピードウェイオンラインチケットで発売開始となる。同日から購入できるのは自由観戦エリア券や、チェカパス専用席を除いたグランドスタンド券、第1コーナーグランドスタンド券、プラチナペアルームパスなど。

 このほか前売り駐車券の第1コーナー指定駐車場とダンロップコーナー指定駐車エリアでは同日より抽選受付が開始される。各種チケットの価格や指定販売所など詳しくは富士スピードウェイ公式ホームページ内のチケットインフォメーション(https://www.fsw.tv/motorsports/ticket/super-gt/index.html)まで。

■感染拡大防止への取り組み
http://www.fsw.tv/freeinfo/042467.html