キアの新型高級セダン「K8」の内部写真を入手

■イメージは「穏やかな海を航海するヨット」! ヒュンダイ/起亜の「Smartstreem」エンジン採用か?

キアは2021年2月、フラッグシップ・セダン「K7」の後継モデルとなる「K8」を発表、その内部は公開されていませんでしたが、画像を入手しました。

キア K8_003
キア K8 市販型プロトタイプ

後継モデルだけあり、そのキャビンはK7から大きく進化しています。

そこには、新設計されたダッシュボード上に、デジタルゲージクラスタとインフォテインメントスクリーンを備えるワイドタッチスクリーンディスプレイが装備されています。

キア K8_002
キア K8 市販型プロトタイプ

また、ジェネシス「G80」や「GV80」と同様の3本スポークのステアリングホイール、ロータリーギアセレクタ・ダイヤル用の、隆起したセクションを備えた木製トリム・センターコンソールが確認できます。

市販型エクステリアは、ダイヤモンドカットパターンのタイガーノーズフロントグリルを備えるほか、スリムなヘッドライト、ダイヤモンド型のユニークなLEDデイタイムランニングライトがグリル横に配置されます。

また、同社が、「穏やかな海を航海するヨット」からインスピレーションを得たという、側面を走るダイナミックなキャラクターラインも特徴的です。

K8のパワートレインは明かされていませんが、ヒュンダイ/起亜の「Smartstreem」エンジンが採用される可能性もありそうで、今後数ヵ月以内に完全発表となりそうです。

(APOLLO)