アウディが発表する新型ピュアEV、Q4 e-tronは小さくて広い! 小川フミオが特徴を解説

アウディが発表する新型ピュアEV、Q4 e-tronは小さくて広い! 小川フミオが特徴を解説

Audi Q4 e-tron

アウディ Q4 e-tron

先進デジタルを満載したコンパクトSUV型BEV

アウディは、ピュアEVで大攻勢をかけてきている。2021年3月9日に、全長4.6メートル、全高1.6メートルのSUV型ピュアEV「Q4 e-tron」を発表。11.6インチの大型タッチスクリーンと、AR技術をフルに使ったディスプレイも話題を呼んでいる。

「いいデザインとは、審美性にすぐれるとともに、機能的であることです」。アウディデザインを統括するマルク・リヒテ氏は、e-tron SUV、e-tronスポーツバック、e-tron GTと、立て続けに発表されたアウディのBEV(バッテリー駆動SUV)のデザインコンセプトを説明している。

アウディ Q4 e-tronの正面ビュー

「Q3」に近いボディサイズ

まずジャーナリスト向けにオンラインで公開されたQ4 e-tronのスタイリングは、まだ偽装のためのラッピングが施されている状態。なので、ボディ面の作りやキャラクターラインのハイライトなど、はっきりしたところはわかりにくい。それでも、アグレッシブな雰囲気すらもつダミーグリルに、かなりのショートノーズとショートデッキなどは特徴的だ。1.5ボックスともいえるプロポーションながら、大径タイヤでスポーティに見える大胆なスタイリングである。

ボディのディメンションは、全長4590ミリ、全幅1865ミリ、全高1613ミリ。土台はフォルクスワーゲン「ID.シリーズ」と共用のMEBプラットフォームだ。駆動用バッテリーの出力は、比較的大きな77kWhといわれており、最大航続距離は400kmだとか。

アウディ Q4 e-tronのパッケージング解説

後席空間も荷室もゆったり広々

欧州で競合をさがすと、ボルボのSUVであるXC40 Rechargeがまず思いつく。78kWhのバッテリーで、航続距離が400km。全長は4425mmとボルボのほうが市街地で扱いやすそうである一方、Q4 e-tronは520リットルもの荷室容量を確保するなど、キャパシティを増やすことに重点を置いているのが特徴だ。

ドライブシャフトをもたなくてよいBEVの利点を活かして、室内は広々とデザインされている。ドアの開口部は大きく、シートの着座位置はやや高めに。後席の着座位置を前席より8cm高くする、いわゆるシアターコンセプトが採用されていて、後席にいても広い前方視界が確保されるという。大きな荷室とともに、ファミリーカーと定義されるQ4 e-tronにとって、居心地のよさは、重要な“機能”なのだ。

アウディ Q4 e-tronのリサイクル材

リサイクル材を積極的に使用

ダッシュボードの造型は、最大で11.6インチの液晶モニターを中央にすえたもので、全体に(1980年代までのBMW車のように)強くドライバーのほうに角度をつけられている。もちろん操作性のためである。一方、ブラックで統一された仕様をみると、けっこうスポーティな印象が強い。

シート表皮はレザーの用意がされる一方、あえて合成繊維を使った、いわゆるレザーフリーの内装も選べる。ほとんどの素材はリサイクルされたもので、BEVに興味をもつひとが、同時に環境問題に意識的という事実を勘案してのことだろう。

アウディ Q4 e-tronのフェイシア

「ヘイ、アウディ」で起動する対話型音声機能も

デジタル技術は、惜しみなく採り入れられている。アウディ車でおなじみの「バーチャルコクピット」をはじめ、「MMI」タッチディスプレイ、対話型音声コントロール、それにAR(アーギュメンテッドリアリティ)が、Q4 e-tronにおける注目してほしい4つのデジタル技術、とアウディではする。加えて、タッチ操作機能をもった新デザインのステアリングホイール、さらに「ヘイ、アウディ」で起動する対話型音声コントロールシステムも用意されるのだ。

アウディ Q4 e-tronのARヘッドアップディスプレイ

現実の風景+バーチャル情報で誘導するナビ

ウインドシールドを使ったヘッドアップディスプレイと組み合わされたAR技術は、たとえば、ナビゲーションシステムの利便性を高めている。ガイダンスを起動させていると、たとえば曲がるべき交差点10メートル手前で現れた矢印が、アニメーションのように動いてドライバーを誘導してくれる。

メルセデス・ベンツが2020年にマイナーチェンジしたEクラスや、2021年に日本発売が開始された新型Sクラスにも、同様のARナビゲーションシステムが採用されている。アウディのインターフェースは実車では未体験であるものの、おそらく使い勝手がよさそうだ。

アウディ Q4 e-tronのセンターコンソール

環境施策でも「技術による先進」を

アウディAG(本社)の幹部がことあるごとに言うのは「Future is electric」という言葉である。直訳すれば、(企業の)未来は電気(自動車)にある、という意味だろう。2030年までにEVを30車種そろえ、「温室効果ガスの排出を(2015年比で)30パーセント削減します」とアウディAGでロジスティクスを担当するボードメンバーのペーター・ケスラー氏はかつて語っている。

アウディがサプライヤー(部品供給業者)とともに急ピッチで進める脱炭素政策の先にある、クリーンなクルマ生産、を意味しているように思われる。これも技術による先進をめざすアウディらしいありかたではないか。

アウディ Q4 e-tronのサイドビュー

完成車の輸送には鉄道も活用

アウディ本体では現在、ベルギーとハンガリーにもつ工場で、温室効果ガスの劇的な削減を実行。太陽光発電や地熱発電を積極的に利用するよう全体を再設計し、結果、CO2ニュートラル(排出と吸収のバランス)を達成している。ドイツの工場では、完成車を積み出し港へと運ぶのに、鉄道を使用。かつ、ドイツ鉄道と協力して温室効果ガス排出の少ない「DBエコプラス」なるものへとシフトしている。これによって年に1万3000立方mのCO2削減という結果が出ているそうだ。

アウディ Q4 e-tronのリヤビュー

電気時代にこそ期待できる「伝家の宝刀」

ただし電気のおもしろさはそれだけではないようだ。エレクトリックとは、「電気」と「刺激的」という2つの意味がある。それをアウディでは意識しているのだ。これはかつて、2019年のジュネーブ自動車ショーで、e-tron GTのプロトタイプなどを公開した際、アウディAGの幹部が私に語ってくれたことでもある。

モーターを使うことでちみつな制御が可能となり、たとえばインホイールモーター技術で、4つの車輪を個々にモーターでコントロールすれば、従来にはなかった操縦性をもつクルマが作れる。アウディでは口にしていないものの、あたらしい時代の「クワトロ」ともいえる。

REPORT/小川フミオ(Fumio OGAWA)