ホンダ、ビッグスクーター『フォルツァ』をフルモデルチェンジ。新エンジン搭載で走りが向上

 ホンダは、軽量でコンパクトなフレームに水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒250ccエンジンを搭載する軽二輪スクーター『フォルツァ』をフルモデルチェンジして、2021年3月25日より発売を開始すると発表した。
 
 フォルツァは精悍なスタイリングとスポーティな運動性能が魅力のシティコミューターとして、2000年に初代モデルが登場。今回は2018年以来、3年ぶりのフルモデルチェンジとなり、最新モデルは5代目となる。

 5代目『フォルツァ』には、新設計エンジン『eSP +(イーエスピープラス』を搭載。4バルブ機構、ボア×スクロールの変更、クランクまわりの高剛性化、ピストンオイルジェットなどを採用することで、出力特性と環境性能の向上が図られた。最高出力は23馬力、最大トルク24N・mを発生する。

 また、フレームの一部が新設計され、ラジエーターの位置を燃料タンク後方から前方へ変更することで、エンジンの冷却効果とフロントへの分担荷重を増加に貢献。その結果、走行中の車体の安定感と快適性に磨きがかけられた。

 さらに、電動式可動スクリーンの可動域が先代より40mm増の180mm確保されたことで、防風性能も向上している。

 装備面では、ハザードランプを高速点滅させることで、急ブレーキをいち早く後続車に伝える『エマージェンシーストップシグナル』やフロント左側のインナーボックス内に『USBソケット』を採用した。

 先代で非対応だった『ホンダスマートキーシステム』においては、最新モデルでは別売りの純正アクセサリーにホンダ・スマート・キーシステムと連動させ、トップボックスの解除を可能とした『トップボックス35Lスマートキーシステムタイプ』を新たに設定するなど、利便性が高められている。

 スタイリングは歴代のフォルツァのイメージを受け継ぎながら、より力強さを強調するデザインに一新。カラーリングはパールホライゾンホワイト、マットガウンパウダーブラックメタリックに加え、新色のインディーグレーメタリックを設定し、全3色展開となる。価格は65万8900円(税込み)で、3月25日から発売される。

ホンダ・フォルツァ(インディーグレーメタリック)
ホンダ・フォルツァ(インディーグレーメタリック)
ホンダ・フォルツァ(マットガンパウダーブラックメタリック)
ホンダ・フォルツァ(マットガンパウダーブラックメタリック)
ホンダ・フォルツァ(パールホライゾンホワイト)
ホンダ・フォルツァ(パールホライゾンホワイト)