熟成の『フィアット500』に”国際女性デー”の花、ミモザを思わせる限定車が登場

 現行モデルが日本でもロングセラーを続け、本国発表済みの次期型モデルではEVへの移行もアナウンスされているイタリアの国民車『フィアット500(チンクエチェント)』に、イタリアで“女性の日”に贈られるミモザの花をイメージした限定車『500/500C Mimosa 2(ミモザ2)』が登場。3月20日より合計250台限定で発売が開始される。

 その長いモデルライフで毎月のように“らしさ”溢れる限定車をリリースしてきた現行『フィアット500』だが、今回のモデルは女性の社会での活躍を祝う、3月8日の国際女性デーにちなんだ鮮やかなボディカラーの限定車が設定された。

 イタリアではミモザの花が咲き揃うこの時期に、男性が大切な女性にミモザの花を贈る習わしがあり、今回のモデルはそのミモザの花をイメージした日本向けの限定車となっている。

 この『500/500C ミモザ2』が採用するハッピーイエローは限定車専用色となり、その愛らしいスタイリングをいっそう引き立てると同時に、ブラックのエクステリアミラーハウジングも限定車の専用品とし、外観を引き締めるアクセントとなっている。

 また、カブリオレの500C ミモザ2には、ボディカラーに合った明るいベージュのキャンバストップが組み合わされ、両モデルともインテリアにはボディとコーディネートしたイエローのインストルメントパネルが採用されるなど、ポップな車内を明るく彩られた。

 ベースとなったのは独自のアイドリングストップ機能、START&STOPシステム付きの1.2リッター直列4気筒自然吸気エンジン(69PS/102Nm)を搭載した“1.2ポップ”で、Apple CarPlayおよびAndroid Auto対応のオーディオプレーヤーやアイボリーのレザー調ステアリングホイール、キーレスエントリーなどを装備。

 ともに5速ロボタイズドATのデュアロジックを組み合わせ、WLTCモード燃費18.0km/L(500Cは同17.5km/L)の省燃費性能を誇っている。

 200台限定で用意される標準ボディのフィアット500 ミモザ2は208万円(税込)、キャンバストップの500C ミモザ2は50台限定で価格は274万円(税込)だ。

カブリオレの『500C ミモザ2』には、ボディカラーに合った明るいベージュのキャンバストップが組み合わされる
Apple CarPlayおよびAndroid Auto対応のオーディオプレーヤーやアイボリーのレザー調ステアリングホイール、キーレスエントリーなどを装備
両モデルともインテリアには、ボディとコーディネートしたイエローのインストルメントパネルを採用する

公式サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/mimosa2/