RSC開幕戦勝者のSVGが事故で骨折。第2戦には参戦意向も、地元GT開幕戦は欠場に

 2021年のRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップ開幕戦で、土日2ヒート連勝の週末完全制覇を達成した“SVG”ことシェーン-ヴァン・ギズバーゲンが、マウンテンバイクでのトレーニング中にアクシデントに見舞われ鎖骨を骨折。チームの声明によれば、3月20~21日開催のRSC第2戦サンダウンには復帰参戦する見込みだが、この週末に予定されるファナテックGTワールドチャレンジ・オーストラリアでのドライブは見送り、その代役としてジェイミー・ウインカップの起用が発表された。

 今季のRSCでも、ホールデン陣営トップチームのTriple Eight Race Engineering(トリプルエイト・レースエンジニアリング)でWエースを務める2016年王者SVGだが、聖地バサーストで迎えた2021年開幕戦で土曜、日曜の両ヒートを制する圧巻のパフォーマンスを披露し、Red Bull Ampol Racing(レッドブル・アンポル・レーシング)でのタイトル奪還に向けロケットスタートを決めていた。

 その余韻も残るなか、同チームのプログラムとして地元のGTワールドチャレンジ・オーストラリアに参戦する計画だったSVGは、その開幕戦前週となる3月6日土曜にブリスベンで緊急手術を受け、バイクトレーニングでの不慮の事故で負傷した鎖骨にプレートを埋め込む措置が取られた。

 これでフィリップアイランドでのGT開幕戦を欠場する形となった31歳のSVGだが、ステートメントによればRSC第2戦のスーパースプリントまでには「うまく回復する」ことが期待できるという。

SVG(右)は、フィリップアイランドで開催されるFanatec GT World Challenge Australia Powered by AWSの開幕ラウンドを欠場することに

「シェーン-ヴァン・ギズバーゲンは、今朝のマウンテンバイク事故の後、鎖骨の手術が成功し、回復に向けて順調に歩み出しました」と、その現状が声明の書き出しに記された。

「レッドブル・アンポル・レーシングの選手権リーダーは、来週末にフィリップアイランドで開催されるファナテックGTワールドチャレンジ・オーストラリア・パワード・バイ・AWSの開幕ラウンドでレースを戦う予定でした」

「彼は医学的にMotoGPライダーと同様の分析と回復手法を採用しており、彼らのように翌週にドライビングシートに座ることは可能だと思われますが、チームは彼のスムーズな回復のために、より多くの時間を与える決断を下しました」

「シェーンは2週間後のRSC第2戦サンダウン・スーパースプリントに向け万全の治療を継続し、(GTワールドチャレンジ・オーストラリアの)888号車のメルセデスAMG GT3 Evoにはジェフリ・イブラヒム皇太子と並んで、ジェイミー・ウインカップが代役参戦します」

 タイトルチャージに向け不幸なダメージを被ったSVGだが、先のマウントパノラマでは300ポイントの“フルマーク”を獲得し、ランキング2位のWalkinshaw Andretti United(ウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド/WAU)、チャズ・モスタートを33点差で引き離している。

RSC第2戦サンダウン・スーパースプリントまでに、どれほど回復し、パフォーマンスを見せられるか