メルセデス最強ワゴン・AMG「C63」次期型は、直4+モーターで500馬力超え!

■V8でもV6でもない、「AMG A45S」に搭載されている2.0リットル直列4気筒エンジン

メルセデス・ベンツは、主力モデル「Cクラス セダン/ステーションワゴン」の新型を発表したばかりですが、その頂点に君臨する最強モデル・AMGC63 ステーションワゴン」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG C63_006
メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 次期型プロトタイプ

厳冬のスカンジナビアでキャッチしたプロトタイプのフロントエンドには、パナメリカーナグリルを隠すダミーコンポーネントを装備。カモフラージュの下には、新設計されたアグレッシブなフロントバンパーを備えているはずです。ヘッドライトには、Cクラス新型同様に鋭く切れ上がるブーメラン型LEDデイタイムランニングライトが配置されます。

メルセデス AMG C63_001
メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 次期型プロトタイプ

下位モデル「C53」は円形テールパイプを装備しますが、上位モデル「C63」には四角いクワッドエキゾーストパイプがインストールされるため、このプロトタイプがC63であることがわかります。

プロトタイプの極太タイヤには、フロントにY字型スポーク、リヤには10スポークホイールという前後異なるホイールを装備、リヤには大型ドリルドブレーキが見てとれます。

内部は撮影していませんが、ベースモデル同様に12.3インチのデジタルインストルメントクラスタとセンタースタックを支配する11.9インチインフォテインメントディスプレイを搭載、C63では大型のボルスターを備えるシートや、カーボンファイバートリムなど差別化されるでしょう。

注目の心臓部にはV8もV6も存在しません。「AMG A45S」に搭載されている2.0リットル直列4気筒エンジンを流用。電気モーターと組み合わせることにより500ps以上を発揮するPHEVへと進化が予想され、下位モデル「C53」では最高出力は420ps程度に抑えられるでしょう。またギアボックスは9速AT、駆動方式は全輪駆動システムが有力です。

AMG C63のデビューは最速で2021年内です。

APOLLO