【乗り心地重視ローダウン】HKS史上最高の乗り味を実現した最新車高調|ハイパーマックスS|足回り カスタム

2021年3月より順次発売開始!

HKS/HIPERMAX S
エッチ・ケー・エス/ハイパーマックス エス

ローダウンはしたいけど乗り心地を犠牲にしたくない。そんな願いを叶えてくれる車高調が増えつつある。培った高度な技術を“快適性”に注ぎ込む。2021年は、乗り心地系車高調に注目。
HKS 車高調 ハイパーマックス 新作 2021 ローダウン 乗り心地
約9年ほど前にHKS車高調の旗艦モデルとして登場した「MAX Ⅳ GT」。そこから「Spec‐A」や2020年モデルとして発売した「20SPEC」、そして乗り心地を重視した「S・style L」と進化を続けてきている。

そして2021年、各モデルのいいとこどりをした「ハイパーマックスS」が新登場する。

「正直、モデルが多すぎてどれを選んでいいか迷うような声も少なくなかったです。9年前と比べると技術も進歩していて、各モデルで強調していた特徴をひとつに集約できるようになったんです。そこで、HKSとしてあらためて車高調キットを見直した結果、この【ハイパーマックスS】が生まれたんです」と、HKS矢部さん。

その言葉通り、搭載される技術は歴代モデルが搭載してきたものを継承、そしていま風に合わせチューニングを施し、バランスを整えたモノ。

「20SPEC」などで搭載し、乗り心地に革命を与えた「プリロードバルブシステム」の採用などもそのあらわれだ。

さらに細部の質や耐久性を高めているのもトピック。その証拠に保証期間がいままでの2年4万kmから3年6万kmに延長。品質に対するHKSの自信が垣間見える部分。

発売は2021年3月の予定で、現状のモデルと併売しながら徐々に移行していく計画。

ミニバン系の主力であるアルヴェルをはじめ、ワゴン系も続々とラインアップされていく。HKS車高調の総決算、懐が深くなったサスペンションは絶対注目しておきたいアイテムのひとつだ。

HKS・ハイパーマックスS


「【乗り心地重視ローダウン】HKS史上最高の乗り味を実現した最新車高調|ハイパーマックスS|足回り カスタム」の1枚めの画像ゴールドカラー「S」が主張するラベル。「ストリートで楽しく使える、HKS史上最高の乗り味」というのがコンセプトのひとつ。


「【乗り心地重視ローダウン】HKS史上最高の乗り味を実現した最新車高調|ハイパーマックスS|足回り カスタム」の1枚めの画像減衰力やバネレートの最適化を施し生まれ変わった最新作。デュアルPVS、新形状のバンプラー、ワイドレンジ減衰力調整機構など、最新テクノロジーも凝縮。

HKS サスペンション開発課
矢部健司さん

エントリーモデルとして買いやすい10万円前後の低価格モデル、30万円クラスのハイスペックモデル、どちらにも属さないベストバランスを実現しているのがこのハイパーマックスS。価格はアルヴェル用で22万8000円。「従来モデルをベースに車種ごとにいまのトレンドに合わせたセッティングへとイチから見直しもかけています」と矢部さん。

【PARTS SPECIFICATION】
■価格:22万8000円(30系アルファード&ヴェルファイア用の場合)
■発売時期:2021年3月発売予定
■対応:ミニバン・SUV多数設定予定
■3年間 or 60,000km保証付き
■全長調整式
■減衰力30段階調整
■単筒式

問:エッチ・ケー・エス 0544-29-1235
https://www.hks-power.co.jp

スタイルワゴン2021年3月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]