ヒュンダイ次世代EV「アイオニック 5」の実車が走った! メタルシートを初公開

■「E-GMP」プラットフォームを採用した最初のモデルに

ヒュンダイは2月24日、新型エレクトリック・クロスオーバーSUV「IONIQ5」(アイオニック5)のプレス写真を初公開しましたが、その市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

ヒュンダイ アイオニック5_005
ヒュンダイ アイオニック5 市販型プロトタイプ

アイオニック5は、2019年に公開された「45コンセプト」のロードゴーイングバージョンであり、「E-GMP」プラットフォームを採用した最初のモデルです。

市販型では72.6kHwと58kWhの2種のバッテリーを用意、リアモーターの2WE、デュアルモーターの4WDを設定し、航続は最大480kmを可能にすると同時に、0-100km/h加速は5.2秒のパフォーマンスを誇ります。

ヒュンダイ アイオニック5_012
ヒュンダイ アイオニック5 市販型プロトタイプ

北ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、プレス写真ではみられなかったメタルシートを装備、四角いヘッドライトはそのままですが、プレス写真ほどレトロで未来的に見えないのはボディカラーのせいかもしれません。

市販型コクピットには、12インチのスクリーンペアをダッシュボードに配置するハイテクキャビンが期待できます。

ヒュンダイではアイオニック5の後、セダンの「アイオニック6」を発売、2024年には大型クロスオーバーSUV「アイオニック7」も計画しています。

(APOLLO)