スーパーGT岡山公式テストの2日目午前はDENSO KOBELCO SARD GR Supraがトップタイム

 スーパーGT岡山公式テストは3月7日、走行2日目を迎え9時から2時間15分のセッション3が行われた。冷え込みがあるものの晴天に恵まれた2日目午前の走行では、DENSO KOBELCO SARD GR Supraがトップタイムをマーク。STANLEY NSX-GTが2番手につけた。GT300クラスではグランシード ランボルギーニ GT3がトップタイムとなっている。

 3月6日に行われた1日目の2セッションに続き、迎えた3月7日の岡山国際サーキットは晴天。前日の午前よりもやや冷え込みがあったものの、ドライコンディションのなか9時から2日目午前のセッション3が行われた。

 第1戦岡山に向けたデータを収集するべく、この日も各車が積極的に周回を重ねていくが、開始から15分ほどというところで、コース上の落下物のため一時赤旗中断となった。また、その後開始から30分からは、例年公式テストで行われているセーフティカー訓練が行われた。

 GT500クラスでは、セーフティカー訓練後DENSO KOBELCO SARD GR Supraが1分38秒181をマークし首位に。これにKeePer TOM’S GR Supra、au TOM’S GR Supraが続き、カルソニックIMPUL GT-Rが4番手につけていくが、セッション後半、STANLEY NSX-GTが2番手へ浮上する。

 このセッションでは、終盤各クラスの専有走行が設けられていないことからタイムが上がることもなく、そのまま11時15分に走行終了。GT500クラスは多くのチームが60〜70周ほどのラップを重ねた。最終的にDENSO KOBELCO SARD GR Supraの1分18秒181がトップタイムとなり、STANLEY NSX-GTが2番手に。3番手にはKeePer TOM’S GR Supraがつけた。

 4番手にはau TOM’S GR Supra、5番手にカルソニックIMPUL GT-Rがつける結果に。6番手には1日目午後トップタイムだったRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが続いた。

 GT300クラスはグランシード ランボルギーニ GT3がトップタイムをマーク。2番手にはSUBARU BRZ R&D SPORT、3番手にはLEON PYRAMID AMGが続いた。4番手は1日目首位の埼玉トヨペットGB GR Supra GT、5番手はK-tunes RC F GT3となった。

2021スーパーGT岡山公式テスト STANLEY NSX-GT
2021スーパーGT岡山公式テスト STANLEY NSX-GT
2021スーパーGT岡山公式テスト カルソニックIMPUL GT-R
2021スーパーGT岡山公式テスト カルソニックIMPUL GT-R
2021スーパーGT岡山公式テスト グランシード ランボルギーニ GT3
2021スーパーGT岡山公式テスト グランシード ランボルギーニ GT3
2021スーパーGT岡山公式テスト セーフティカー訓練の様子
2021スーパーGT岡山公式テスト セーフティカー訓練の様子