新型コロナウイルスの脅威に立ち向かうベントレー。チェシャー・コミュニティ財団と協力して新型コロナ基金を設立

新型コロナウイルスの脅威に立ち向かうベントレー。チェシャー・コミュニティ財団と協力して新型コロナ基金を設立

新型コロナと戦う各地域の非営利団体を資金面でサポート

ベントレーは、長期的なパートナーとして密接な関係を持つチェシャー・コミュニティ財団と協力して、新型コロナ基金を設立すること発表した。

新型コロナウイルス感染症は、世界の多くの地域で深刻な問題を引き起こしているが、中でも経済的弱者へのサポートは、世界規模で急がなければならない問題のひとつ。今回、設立される基金は、各地域において地元の非営利団体が行っている活動を、資金面でサポートすることを目的としている。

2021年3月31日まで、賛同者の支援も受付中

具体的には、ひとつのプログラムにつき5000~2万5000ポンドの助成金を提供することで、新型コロナウイルスと戦う非営利団体の活動をサポートするという内容。食料不足、メンタルヘルス、ウェルビーイングの改善や、債務免除と財政的教育をするためのプロジェクトを行っている非営利団体が支援の対象となる。

基金が支援を行う取り組みの例としては、ホリデー・ハンガー・プロジェクト(学校が休みの日に子供たちに食事を提供するプロジェクト)や、フードバンク、ソーシャル・スーパーマーケット(低所得者が廉価で利用できるスーパー)の活動が挙げられる。

この基金は、さらなる賛同者の参加も受け付けており、チェシャー・コミュニティ財団のウェブサイトで、2021年3月31日まで申請を受け付けている。

ベントレー支援イメージ

地域社会への支援は、さらに強化する意向

ベントレーの人事、デジタル化、IT担当取締役であるDr.アストリッド・フォンテーンは、以下のようにコメントを発信している。

「新型コロナウイルスの影響に対し、ベントレーは以前より『Come Back Stronger』プログラムを通じて地域社会を支援してきました。今後は長期的な復興に焦点を当て、最も支援を必要としている方々への適切な支援について再検討する必要があります。そのため、今回、地域社会へのさらなる支援を行うことを通じて、チェシャー・コミュニティ財団との長年の協力関係をより強化することができたことを喜ばしく思っています。地域の団体の方から必要な支援についてご連絡いただけることをお待ちしています」

チェシャー・コミュニティ財団は、チェシャーの小規模の慈善団体やボランティア団体が活動を支援してくれる企業と団体をつなぐ窓口となっている。ベントレーは2012年に財団が設立されて以来、約9年にわたり協力関係を続けており、ベントレー基金を通じて20万ポンド以上の寄付を行っている。

チェシャー・コミュニティ財団のCEOであるゾーイ・シェパードは、以下のコメントを発信している。

「チェシャー・コミュニティ財団は、今回の助成金プログラムを通じて、大切なパートナーであるベントレーをサポートできることを光栄に思っています。新型コロナは地域社会の多くの方に壊滅的な打撃を与えていますが、この基金によって、クルーの慈善団体や非営利団体が本当に支援を必要としている方々へサポートを行うことが可能になります。ベントレーの寛大さと献身に感謝いたします」