エクストローム率いる新生EKS JC、ラリー2規定『アウディA1クワトロ』を発表

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権ならびに、WorldRX世界ラリー選手権王者でもあるマティアス・エクストロームは、2021年に向け新たに組織した新チーム、EKS JCで開発を続けて来たRally2(ラリー2)規定の新型モデル『アウディA1クワトロ』を公開。WRC2とWRC3への参戦をサポートするべく、南アフリカに拠点を置くRally Technic(ラリー・テクニック)社と協力し、FIA規定に準拠した車両として製作を進めるとアナウンスした。

 2016年に自らのチームを率いてWorldRXを制し、ワールドタイトルを獲得したエクストロームは、2020年にジョエル・クリストファーソン率いるJC Raceteknik(JCレーステクニーク)に加入してシーズンを戦い、チームの王座獲得に貢献した。

 2021年に向けてはその両者がタッグを組み、新たに“EKS JC”として再始動し、クリストファーソンがチームマネージャーに就任することが決まっている。

 このEKS JCでのWorldRX参戦に加え、ドライバーとして電動SUVで争われるエクストリームEへのチャレンジも決めているエクストロームは、WRC世界ラリー選手権第2戦のアークティック・ラリー・フィンランドにもエントリーし、シュコダ・ファビア・ラリー2エボでWRC3クラスで5位に入賞。そのプログラムと並行して、着々とこの新車両開発を続けて来た。

「新世代のアウディA1が発売されたとき、僕らはそれをベースに何かを作りたいと思っていたんだ」と、その開発動機を明かしたエクストローム。

「誰もが僕のラリーへの情熱を知っているので、チームとして新たなラリーカーを製作する方向性はすぐに定まったよ。すでにマシンは準備が済んでいて、あとはセットアップ作業に進むだけだ。テストである程度のマイレージを稼いで、情報を収集する必要がある」と続けたエクストローム。

元FIAジュニアWRCチャンピオンのエミール・ベリクヴィストが開発ドライバーを務めている
2020年は開幕直前にWorldRX復帰を決め、最後までドライバーズタイトル戦線に絡んだマティアス・エクストローム

■近い内に元ジュニアWRC王者の手でテストが開始される予定

「実際の日程は決まっていないけど、春か夏のいくつかのイベントで、このクルマが見られることは確実だ。現状、この個体は僕らが使用するためのものだけど、その性能に満足できれば他のドライバーやチームにレンタル、または販売することも考えている」

 ラリー2規定に準じた新型『アウディA1クワトロ』は、263bhp(約266PS)の1.6リッター直列4気筒ターボを搭載し、5速シーケンシャルギヤボックスと共通パーツの駆動系で4輪を駆動する。

 前出のとおり、EKS JCでチームマネージャーを務めるクリストファーソンは、ターマック・テストに進む前にスノーとグラベル路面でのマイレージを稼ぐ計画だと説明した。

「元FIAジュニアWRCチャンピオンのエミール・ベリクヴィストが開発ドライバーとなり、近い将来にテストセッションを開始する予定だ。その後、2021年シーズンにいくつかのローカルまたは国際的なラリーにも参戦することになるだろう」とクリストファーソン。

 同じく、ラリー・テクニックのディレクターであるクリス・クッツェーも、このプロジェクトに対する意義を語っている。

「ラリー2キットは、車両を製造するマニュファクチャラーとコンペティターたちに魅力的な価格と性能のバランスを提供しているが、我々の場合、伝説的なブランドと輝かしいボディキットの組み合わせが実現するんだ」

ラリー2規定に準じた新型『アウディA1クワトロ』は、263bhp(約266PS)の1.6リッター直列4気筒ターボを搭載し、5速シーケンシャルギヤボックスと共通パーツの駆動系で4輪を駆動する
今後は、ターマック・テストに進む前にスノーとグラベル路面でのマイレージを稼ぐ計画だという