伊沢拓也がレーシングカートチーム『CUORE』を立ち上げ。井本大雅を擁し全日本カートに参戦へ

 スーパーGT GT500クラスでModulo NSX-GTをドライブするレーシングドライバー伊沢拓也は3月5日、レーシングカートチーム『CUORE(クオーレ)』を立ち上げ、全日本カート選手権OKクラスに参戦すると発表した。ドライバーは井本大雅が務める。

 スーパーGT、そして全日本スーパーフォーミュラ選手権と日本のトップカテゴリーで長年戦ってきた伊沢が、新たにレーシングカートチームを立ち上げ、全日本カート最高峰のOKクラスに挑むことになった。

 チーム名は『CUORE(クオーレ)』。シャシーはビレルARTとのコラボで生まれた『シャルル・ルクレール』。エンジンはIAMEだ。タイヤは伊沢がスーパーGTでともに戦うダンロップを履く。そしてドライバーは、2020年もダンロップの開発を担っていた井本が務めることになった。

「今まで主にドライバーとして活動してきましたが、たくさんの方々のご支援と、ご縁により新しい挑戦ができることを嬉しく思います」と伊沢。

「GTでともに戦うダンロップ(住友ゴム工業株式会社)が足元を支えてくれますことは、大きな力となります。ドライバーには、昨シーズンまでもダンロップで参戦していた井本大雅選手を起用します。彼のスピードと経験は私たちにとって、欠かせない存在になります」

 非常に激しい戦いが展開されるOKクラスに挑むCUOREだが、「新規チームとはなりますが、大きなモチベーションをもって臨みますので、温かく見守っていただけたらと思います」と伊沢は意気込みを語った。

CUORE 全日本カート選手権参戦体制

参戦クラス:OKクラス
チーム名:CUORE(クオーレ)
タイヤ:ダンロップ
シャシー:シャルル・ルクレール
エンジン:IAME
ドライバー:井本大雅
マシンメンテナンス:TOP LABO

CUOREが使用するシャルル・ルクレールシャシー
CUOREが使用するシャルル・ルクレールシャシー
井本大雅のレーシングスーツ
井本大雅のレーシングスーツ