スーパーフォーミュラ・ライツ鈴鹿合同テストのエントリー発表。11台17名が参加へ

 3月5日、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は3月10日〜11日に鈴鹿サーキットで行われる合同テストのエントリーリストとタイムスケジュールを発表した。11台のマシン、17名のドライバーが参加することになる。

 国内トップカテゴリーへの登竜門として多くのドライバーを輩出してきた全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権。2021年に向けては、すでにチームから参戦ドライバーも少しずつ発表されているが、今回のテストには11台、17名のドライバーが参加することになった。

 すでに体制発表済みのTOM’Sは小高一斗、平良響、ジュリアーノ・アレジの参戦が決まっているが、今回は1号車に2名ドライバーが追加された。FIA-F4やスーパー耐久に参戦してきた野中誠太、そして2020年のスーパーフォーミュラ・ライツ王者である宮田莉朋の名が記されている。

 また、B-MAX RACING TEAMの50号車には2020年にTODA RACINGから参戦していた名取鉄平、そしてGT300チャンピオンの藤波清斗の名が記され、さらに2020年にスーパーフォーミュラに参戦していた松下信治も登録されている。松下はB-MAX ENGINEERINGの30号車にも登録されており、B-MAX ENGINEERINGではさらに4号車に佐々木大樹も登録された。

 ただ宮田、松下、佐々木とも今回はデータ比較のためのドライブになりそう。特に松下については、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権統一規則第4条2)に「2019年~2020年のF2またはSFにおいて、シリーズランキング上位8位までの者」は参加できないと定められており、2019年にF2でランキング6位となった松下は参戦することができない。

 また今季佐藤蓮が参戦することが発表済みのTODA RACINGだが、エンジンがスピースA41エンジンとなっている。こちらも気になるところだ。

 スーパーフォーミュラ・ライツ合同テストは3月10日は10時からと15時から、3月11日は11時30分からと2時間ずつ3セッションを予定している。ゆうえんちモートピア入園料での入場、観覧が可能だが、パドックや激感エリアの入場、パドックトンネル、S字トンネルは通行できない。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
鈴鹿合同テスト エントリーリスト

No Driver Team Car
1A 小高一斗 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ31
1B 野中誠太 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ31
1C 宮田莉朋 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ31
2 佐藤蓮 TODA RACING ダラーラ320/スピースA41
4A 今田信宏 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
4B 佐々木大樹 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
10 三宅淳詞 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
11 植田正幸 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
30A DRAGON B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
30B 松下信治 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
35 河野駿佑 RS FINE ダラーラ320/トムスTAZ31
36 ジュリアーノ・アレジ TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ31
37 平良響 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ31
50A 名取鉄平 B-MAX RACING TEAM ダラーラ320/スピースA41
50B 藤波清斗 B-MAX RACING TEAM ダラーラ320/スピースA41
50C 松下信治 B-MAX RACING TEAM ダラーラ320/スピースA41
51 畑享志 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41