マツダ2でST-5クラス制覇を目指す。広島マツダのHM RACERSが2021スーパー耐久参戦体制を発表

 マツダ・ディーラーである広島マツダのレーシングチーム、HM RACERS(エイチエムレーサーズ)は3月5日、2021年の『スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankook』への参戦体制を発表した。

 2017年に結成し、2019年からスーパー耐久 ST-5クラスに挑戦しているHM RACERSは、マツダ・ディーラーである広島マツダのレーシングチームだ。

 広島マツダの松田哲也代表取締役会長兼CEOがチーム代表を務め、メンテナンスはHM RACERS専属の4名と毎レースごとに広島マツダの各店舗から召集されたメカニックが担当している。参戦2年目となった2020年シーズンは激戦が繰り広げられるST-5クラスでシリーズ4位の成績を残した。

 ST-5クラスへの参戦3シーズン目を迎える2021年もマシンは引き続きマツダ2(デミオ)を使用し、マシン名は今シーズンも『ヒロマツデミオMAZDA2』となる。

 今季のドライバーには、昨シーズンもステアリングを握った佐々木孝太、吉田綜一郎、大崎悠悟、吉田隆ノ介とともに、新たに昨シーズンのST-5クラスでロードスターをドライブしていた妹尾智充が加わった。

 チームは「昨シーズンは皆様から温かいご支援を賜り、参戦2年目にしてST-5クラスシリーズ総合4位の成績を収めることができました。本年も激戦が予想されるST-5クラスをチーム一丸となって戦い抜いて参りますので、ひき続き変わらぬご支援・熱いご声援をいただきますようお願い申し上げます」としている。

■HM RACERS 2021年シーズン チーム体制

エントラント名:HM RACERS
マシン名:ヒロマツデミオMAZDA2
カーナンバー:103
クラス:ST-5
チーム代表:株式会社広島マツダ 代表取締役会長兼CEO 松田哲也
メカニック:HM RACERS専属4名、他広島マツダ各店舗より、毎レース招集
ドライバー:佐々木孝太、吉田綜一郎、妹尾智充、大崎悠悟、吉田隆ノ介
HM Ready’s:西崎華弥、他

HM RACERS チームロゴ
HM RACERS チームロゴ