ポルシェが日本初のブランド体験型施設『PEC東京』で上棟式。2021年夏、木更津に完成

 ポルシェジャパンは3月4日、千葉県木更津市で建設が進められている日本初のブランド体験型施設『パルシェ・エクスペリエンスセンター東京(PEC東京)』が上棟式を迎えたと発表した。

 設備投資額を約50億円とするこの施設は、世界的なスポーツカーブランドである『ポルシェ』というブランドを、ドライブやレクチャープログラムなどを通じて体験できるもの。

 同施設は世界で9番目、国内では初めて開設されるPCEとなり、施設内にはポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出すさまざまなトラックコンテンツに加え、本格的なドライビングレクチャープログラムなどが用意される。また、ラウンジやレストラン、各種研修が行えるミーティングルームなども備わる予定だ。

 そんなPEC東京の上棟式が、着工から4カ月の工期を経て3月3日(水)に実施された。式典では上棟梁に建設に関わった大林組やプロジェクト関係者の記名プレートが取り付けられ、ポルシェの本拠地で常緑樹を用いるドイツ式と、日本式を合わせた和洋折衷の安全祈願が行われている。

「無事にこの素晴らしい上棟式を皆さまと迎えることができ、心より感謝しています」と語るのは、ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュだ。

「冬の寒さや、この状況下のなかで、工事が滞ることなくこの日を迎えることができたことを誇りに思います。現在工事中の2.1kmの外周コースを走行したとき、オフロードの状況にも関わらず、多くのファンを魅了するロケーションだと確信しました」

「ここが新しい千葉県木更津の魅力的なアクティビティスポットとなることを約束します」

 世界初となる3D構造を備えた特別トラックに、スポーツカーの聖地であるニュルブルクリンクの“カルーセル”や、アメリカのラグナ・セカの名物コーナー“コークスクリュー”を再現した『ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京』のオープン予定は2021年夏後半となっている。

2021年3月3日に行われたポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の上棟式の様子
2021年3月3日に行われたポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の上棟式の様子
棟上げで常緑樹を掲げるのがドイツ式
棟上げで常緑樹を掲げるのがドイツ式
上棟式に用いられた常緑樹は施設内に植樹された。
上棟式に用いられた常緑樹は施設内に植樹された。
トラックを試走するポルシェ・カイエンの隊列
トラックを試走するポルシェ・カイエンの隊列

■ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京

オープン予定:2021年夏の終わり
住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
事業区域:13ha
トラック:全長2.1km
ウェブサイトURL:https://www.porsche.co.jp/pec/