ベッテルがピンクの新ヘルメットで登場。ストロールと共にアストンマーティンF1『AMR21』のシェイクダウンを実施

 アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1チームは、3月4日、2021年型マシン『AMR21』のシェイクダウンを行った。ファクトリー近くのイギリス・シルバーストンでフィルミングデー走行を実施、レギュラードライバーのセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールが新車のステアリングを握った。

 フィルミングデー規則に従い、ピレリのデモタイヤを装着し、走行距離に100kmの制限が設けられたなかで、ふたりは走行。あいにく天候に恵まれず、ウエットコンディションのもと、AMR21・メルセデスをコースにデビューさせた。

セバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1の2021年型『AMR21』のシェイクダウン
セバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1の2021年型『AMR21』のシェイクダウン

 レーシングポイントが今年アストンマーティンにリブランドされたことで、1961年以来初めて、アストンマーティンがチームとしてF1に登場することとなった。チームは3日に発表会を開催、グリーンに一新されたマシンを披露した。

 昨年タイトルスポンサーを務めた水処理関連会社BWTはチームへのサポートを継続するものの、コーポレートカラーであるピンクは大幅に縮小し、マシンを縁取るような形で残るにとどまった。しかし、シェイクダウンに登場したベッテルは、全体的にピンクに彩られたヘルメットを使用していた。

アストンマーティンF1の2021年型『AMR21』初走行でセバスチャン・ベッテルが新ヘルメットを着用
アストンマーティンF1の2021年型『AMR21』初走行でセバスチャン・ベッテルが新ヘルメットを着用

 一方、昨年までピンクのヘルメットを使用していたストロールは、この日、アストンマーティン・グリーンのヘルメットで走行している。

 ふたりとも2021年仕様のヘルメットデザインを正式には公表していない。次にチームが走行を行うのは、3月12日から14日に実施されるバーレーンでのプレシーズンテストとなる。

アストンマーティンF1の2021年型『AMR21』のシェイクダウンを行うランス・ストロール
アストンマーティンF1の2021年型『AMR21』のシェイクダウンを行うランス・ストロール

アストンマーティンF1の2021年型『AMR21』発表会に出席したセバスチャン・ベッテル
アストンマーティンF1の2021年型『AMR21』発表会に出席したセバスチャン・ベッテル