2021年の「MINI」は3ドアと5ドアモデル、カブリオレのマイナーチェンジを実施

■「ミニの日」に発表された限定車はMINIクロスオーバー(ディーゼル)ベースの「Boardwalk Edition」

3月2日を「ミニの日」としているビー・エム・ダブリュー。コロナ禍の2021年は「MINI Day オンライン発表会」を開催し、2020年のMINIの実績や2021年の今後の展開などを発表しました。

以前お伝えしたように、「MINI Paddy Hopkirk Edition」の3ドアに続き、5ドアモデルも間もなくディーラーに並ぶ予定とのこと。

MINI
2021年のMINI最大の目玉は、3ドア、5ドア、カブリオレのマイナーチェンジ

コロナ禍でMINIにとっても2020年は非常に厳しい年としながらも、第4四半期には力強い回復を遂げていて、輸入車では2016年から5年連続で車名別ナンバー1を獲得しています。日本は、世界的でも非常に多いというMINIの特別仕様車、限定車などの設定に加えて、主にエクステリアを中心としたMINIクロスオーバーのマイナーチェンジを敢行。2021年は、MINI3ドア、5ドア、コンバーチブルのマイナーチェンジも予定されています。

MINI
2021年のMINIのブランド戦略。「MINI APP」も3月中にも展開される見込み

2021年の「ミニの日」の目玉は、そのMINIクロスオーバーに設定された限定車の「MINI Crossover Boardwalk Edition(クロスオーバー・ボードウォーク・エディション)」。特別なボディカラーであるブルーの「ディープラグナブルーメタリック」をまとっています。ボードウォークは、イギリスなどの砂浜、海岸などにある板敷きの遊歩道、通路などで、日本でもオシャレなカフェなどで見かけます。

MINI クロスオーバー・ボードウォーク・エディション
「MINI Crossover Boardwalk Edition」のイメージ

同限定車は、日常使いからアウトドアまでシーンを問わずパワフルに走破できるディーゼルエンジンを積む「MINI Cooper D Crossover」がベース。

「SUP(スタンドアップパドル)」がコミュニケーション・アクティビティとして設定され、「日常から解放されオープン・エアの環境で自然と対峙するとともに、水面上から眺める世界という新視点を通じた体験から、日常へのひらめきを持ち帰っていく」というストーリーをコンセプトとして採用されています。

エクステリアで目を惹くのは、先述した「ディープラグナブルーメタリック」のボディカラーで、MINIクロスオーバー初採用。深い湖の色、水辺の空を想起させる特別なブルーの限定色になります。

MINI クロスオーバー・ボードウォーク・エディション
「MINI Crossover Boardwalk Edition」のリヤビュー

スポーティな18インチのブラックホイール、ブラックルーフレール、「ピアノブラックエクステリア」、「BOARDWALK専用ルーフステッカー」や専用サイドスカットルがコーディネイトされた、力強く、スタイリッシュな仕立ても見どころ。

インテリアにも「BOARDWALK専用ステッカー付インテリアサーフェスピアノブラック」、「専用シートクロス/レザレットブラックパール」、「マルチディスプレイメーターパネル」、「BOARDWALK専用ドアシルプレート」が特別装備されています。ほかにも、運転支援システムである「ストップ&ゴー機能付アクティブクルーズコントロール」、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、視認性を高めるLEDデイライトリング、アダプティブLEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプを装備。

MINI クロスオーバー・ボードウォーク・エディション
「MINI Crossover Boardwalk Edition」のインテリア

また、ナビゲーションはタッチパネル機能と共に、MINIコントローラーにより手元でも操作可能になっています。速度やナビ情報などを前方の道路に視線を向けたまま視線を下げることなく確認することができる「MINIヘッドアップディスプレイや」、リヤビューカメラ、「パークディスタンスコントロール(前後)」、縦列駐車をサポートする「パーキングアシスト」などが特別装備される充実装備が魅力。

「MINI Crossover Boardwalk Edition」の価格は、495万円です。

(塚田 勝弘)