ハースF1、2021年型マシン『VF-21』のカラーリングを発表。ウラルカリがタイトルスポンサーに就任

 3月4日(木)、ハースF1チームは、2021年シーズンを戦う新しいマシン『VF-21』のカラーリングをオンラインで公開した。また世界最大の化学肥料企業のひとつである『ウラルカリ』と複数年契約を締結し、同社がチームのタイトルスポンサーに就任したことも明らかになった。これにより、チーム名は『ウラルカリ・ハースF1チーム』となる。

 2016年のチーム創設から徐々に成績を伸ばしてきたハースは、2018年にコンストラクターズ選手権で5位という好成績を記録した。ところが翌2019年には一転してランキング9位と落ち込み、2020年はチーム再建に力を尽くした。

 だが新型コロナウイルスの影響もあり、2020年シーズン序盤はほとんどのレースが中止やキャンセルに追い込まれた。ハースは財政的にも困難な立場に立たされ、シーズンを通してマシンのアップデートを行わないという厳しい決断を下すことを余儀なくされた。

 ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのコンビで4シーズン目を迎えたハースだったが、獲得ポイントはわずか3ポイント、コンストラクターズランキングは前年と同じ9位に終わっている。

 2021年もチームを立て直すための取り組みは続き、その一環でドライバーラインアップを一新。7度のF1チャンピオンであるミハエル・シューマッハーの息子で、2020年のFIA-F2王者ミック・シューマッハーと、チームに多額の資金をもたらしたニキータ・マゼピンというふたりの新人を起用する。ハースがルーキードライバーを起用するのは、今回が初めてのこと。なお、ウラルカリはニキータの父であるドミトリー・マゼピンが所有する企業である。

 チームはすでに1月から新しい体制で動き始めており、チーム代表であるギュンター・シュタイナーのもと、小松礼雄エンジニアリングディレクターや、フェラーリから移籍してきたテクニカルディレクターのシモーネ・レスタらが各部門の指揮を取り再建に尽力している。今シーズンはマシンに大幅な変更を施すことはできないが、シューマッハーとマゼピンとともに競争力を取り戻し、再び中団勢のトップ争いができるようになることを期待したい。

 なおVF-21の実車は、バーレーンで行われるプレシーズンテストの初日である3月12日(金)に公開予定だ。

ハースF1の2021年型マシン『VF-21』(カラーリング)
ハースF1の2021年型マシン『VF-21』(カラーリング)