「見た目がエグすぎる!」D2ジャパンの最高峰ブレーキキャリパーシステム、爆誕!!

「見た目がエグすぎる!」D2ジャパンの最高峰ブレーキキャリパーシステム、爆誕!!

さらなる剛性と軽さを両立

D2キャリパーの最高峰モデルが爆誕!

ハイパワーチューンドの足元を支える『D2ジャパン』のブレーキシステムに新たな“頂点”が誕生した。それが独特の背中トップブリッジ形状を有する『スポーツホローキャリパー』だ。

従来のキャリパーがボルトで固定していたのに対し、新作は一体構造とすることで剛性を高め、かつ肉抜きによって軽量化にも貢献。過酷なサーキット走行でも安定したペダルタッチを確実にしながら、バネ下の重量増をも抑えてくれるのだ。なお、ホローとは空洞や中空の意だが、その理由はキャリパーを見れば明らかだろう。

バネ下の軽量化はチューニングカーにとって永遠のテーマだ。比較すると、6ポットの従来品が3184gに対し新型は2664gでその差はなんと520g、4ポットは2518gと2268gなので1台分と考えればバネ下が1540gも軽くなる計算になる。

キャリパーはピストン数に関係なく、ダストブーツ付きで耐久性も考慮。本体は純度の高いアルミを数千トンの高圧で鍛造成型し、ズバ抜けた強度と放熱性も両立する。

スポーツホローキャリパーではブレーキパッドの形状も小変更されている。上の中央に突起があるほうが従来モデルで、ごくわずかな数値とはいえ軽量化にも繋がる。

カラーは従来と同じく標準のレッド/ブルーメタリック/イエロー/グリーン/シルバー/ゴールド/ブラック/パープルに加え、オプションのシルバークローム/ゴールドクローム/チタンフィニッシュ/グラッシーレッド/グラッシーオレンジ/グラッシーブルー/グラッシーグリーン/グラッシーブラック。ドレスアップ派をも満足させる選択肢の多さで、ボディやホイールに合わせたカラーコーディネイトも自由自在だ。

すでにD2のブレーキシステムを装着している車両であれば、キャリパーとパッドを交換すれば済むのもありがたい。なお、パッドはストリート&スポーツ/スポーツ/レースの3種類があり、走るステージや車重を考えた上で最適なタイプを選ぶべし。

また、2年ほど前のことだが、ベルハウジングの軽量化や放熱性の高いフィンの採用など、ローターのリニューアルも行なわれているとのこと。ローターを交換するタイミングが近いのであれば、同時に新型のスポーツホローキャリパーを導入するのもありだろう。

デリバリーは2月からスタートしており、早くも大きな反響が寄せられているという。プロショップのデモカーにも数多く採用され、凄腕のチューナーが性能を認めるD2ジャパンのブレーキシステム。その最新&最高峰モデル、ぜひ自身の愛車で試していただきたい。

製品仕様

スポーツホローキャリパーブレーキキット

【フロント】4ポットキャリパーキット:30万8000円〜/6ポットキャリパーキット:35万8000円〜/スーパー8キット:49万8000円〜

【リヤ】4ポットキャリパーキット:35万8000円〜/6ポットキャリパーキット:49万8000円〜/スーパー8キット:71万8000円〜

●問い合わせ:D2ジャパン TEL:022-779-6512