特別な“ブルー”をまとう限定車『ミニ・クロスオーバー・ボードウォーク・エディション』が登場

 2020年に初のマイナーチェンジを敢行した2代目のF60型『MINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)』に、特別なブルー“ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック”を採用した限定車『MINI Crossover Boardwalk Edition(クロスオーバー・ボードウォーク・エディション)』が登場。全国200台限定で、3月2日より発売開始となっている。

 2017年登場の現行モデルは、昨年にも初のランニングチェンジを受け前後のバンパーデザインを刷新。標準装備となったLEDヘッドライトの形状を従来の丸型からすっきりとした角型に変更し、合わせてリヤのLEDコンビネーションライトも他のMINIモデル同様にユニオン・ジャックをモチーフとしたデザインを採用するなど、BMW流儀のSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)らしさを強調するエクステリアに進化した。

 その最新型ミニ・クロスオーバーに設定された今回の限定車は、パワフルなクリーン・ディーゼルを搭載した“クーパーD”をベースに、主に水辺周辺に設置される板張りを意味する「Boardwalk(ボードウォーク)」に由来する専用パーツを装備。各専用パーツは、ボードウォークの板目をモチーフとしてデザイン開発されている。

 その目玉となるのが、同車初導入となる深い湖の色、水辺の空を想起させる特別なブルーの限定色“ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック”で、限定車専用のボディカラーとして初採用。

 そのほか、足元にはスポーティーな18インチブラックホイールを装着し、ブラックルーフレール、ピアノブラックエクステリア、ボードウォーク・エディション専用ルーフステッカーや専用サイドスカットルを組み合わせることで全体を引き締め、力強くスタイリッシュなエクステリアとしている。

同車初導入となる深い湖の色、水辺の空を想起させる特別なブルーの限定色“ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック”では限定車専用のボディカラーとして初採用
同車初導入となる深い湖の色、水辺の空を想起させる特別なブルーの限定色“ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック”では限定車専用のボディカラーとして初採用
足元にはスポーティーな18インチ・ブラック・ホイールを装着し、ピアノ・ブラック・エクステリアやボードウォーク専用ルーフ・ステッカーも採用した
足元にはスポーティーな18インチ・ブラック・ホイールを装着し、ピアノ・ブラック・エクステリアやボードウォーク専用ルーフ・ステッカーも採用した

■インテリアやドライバーアシストにも特別装備が満載

 一方のインテリアでは、ボードウォーク・エディション専用ステッカー付インテリアサーフェス・ピアノブラック、専用シートクロス/レザレット・ブラックパール、マルチディスプレイメーターパネル、専用ドアシルプレートを特別装備するなど、限定車らしい装いが採用された。

 そんな高いデザイン性に加えて安全装備も充実し、運転支援システムであるストップ&ゴー機能付アクティブクルーズコントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、視認性を高めるLEDデイライトリング、アダプティブLEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプを装備。

 ナビゲーションシステムはタッチパネル機能に加え、MINIコントローラーにより手元でも操作可能とし、速度やナビ情報などを前方の道路に視線を向けたまま、視線を下げることなく確認することができるMINIヘッドアップディスプレイを特別装備した。

 そのほか、リヤビューカメラやパークディスタンスコントロール(フロント&リヤ)、縦列駐車をサポートするパーキングアシストなども特別装備され、価格は495万円(税込み)となっている。

インテリアでも専用シートクロス/レザレット・ブラックパールや、ボードウォーク専用ドアシルプレートを特別装備
インテリアでも専用シート・クロス/レザレット・ブラックパールや、ボードウォーク専用ドアシルプレートを特別装備
ボードウォーク専用ステッカー付インテリアサーフェスなど、車両の各部に専用ロゴが配された
ボードウォーク専用ステッカー付インテリアサーフェスなど、車両の各部に専用ロゴが配された

MINIカスタマー・インタラクション・センター:0120-3298-14
MINIインターネット・ウェブサイト:http://www.mini.jp
MINI Crossover Boardwalk Edition スペシャル・サイト:
https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/the_new_mini_crossover_boardwalk_edition.html