TGR TEAM ZENT CERUMOが2021年GT500参戦体制を発表。カラーリングをブラッシュアップ

 スーパーGT GT500クラスに参戦するTGR TEAM ZENT CERUMOは3月4日、2021年の参戦体制を発表した。すでにTOYOTA GAZOO Racingから発表されているとおり、立川祐路と石浦宏明のコンビ、そしてブリヂストンというパッケージは変わらないが、新たに田中耕太郎チーフエンジニアが加入。カラーリングもブラッシュアップされた。

 2021年も三度のチャンピオン立川祐路と、2015年からコンビを組む石浦宏明のふたりがドライブするZENT CERUMO GR Supra。今季も立川がチーム総監督も兼務し、さらに村田淳一監督がチームを率いる。

 一方で、車名をはじめ変更点もある。チーフエンジニアには、これまで多くのチームで優勝やタイトルを獲得してきた田中耕太郎チーフエンジニアが就任することになった。すでにオフのテストからチームと仕事をはじめている。

 また、スーパーGTのなかでも高い人気を誇るZENTカラーだが、2020年も好評だったアシンメトリーデザインをベースに、さらなるブラッシュアップがなされた。イラストを一見すると2020年のZENT GR Supraとあまり変わらないように見えるが、シルバーとレッドの塗り分けが洗練され、アクセントの入り方も異なる。そして何より、シルバーとレッドが2020年とは反転しているのが特徴だ。

 チャンピオン獲得が至上命題であるTGR TEAM ZENT CERUMOにとって、2020年はやや不満が残るシーズンとなった。今季、新たな体制となったZENT CERUMO GR Supraがどんな走りをみせてくれるのか、楽しみなところだ。

TGR TEAM ZENT CERUMO 2021年スーパーGT参戦体制

チーム名:TGR TEAM ZENT CERUMO
ドライバー:立川祐路/石浦宏明
チーム総代表:卜部治久
チーム総監督:立川祐路
チーム監督:村田淳一
チーフエンジニア:田中耕太郎
車両名称:ZENT CERUMO GR Supra(#38)

2021年のZENT CERUMO GR Supraのカラーリング
2021年のZENT CERUMO GR Supraのカラーリング
2021年もZENT CERUMO GR Supraをドライブする立川祐路と石浦宏明(写真は2020年)
2021年もZENT CERUMO GR Supraをドライブする立川祐路と石浦宏明(写真は2020年)
すでにオフのテストからZENT CERUMO GR Supraに携わっている田中耕太郎チーフエンジニア
すでにオフのテストからZENT CERUMO GR Supraに携わっている田中耕太郎チーフエンジニア
上が2021年のZENT CERUMO GR Supraのカラーリング。下は2020年のZENT GR Supraのカラーリング。
上が2021年のZENT CERUMO GR Supraのカラーリング。下は2020年のZENT GR Supraのカラーリング。